読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WINDBIRD

ライトノベルネタブログ

パクリだの転載だのの話

なんかあちこちで言われている話題の尻馬に乗ってみるテスト。主に"元記事へのリンクさえ入れてあれば、転載に問題はないのか?:ekken"に反応。


俺は、「自分が考えたことは既に誰かが思いついているだろう」ということに怯えていて、いつも苦しみ悩み悶えながらエントリをアップしている。かといって、既出かどうかなんていちいちチェックできない。せいぜいGoogle様に「過去に似たような話題はありませんでしたか」とお伺いを立てるくらいだ


だが、ぶっちゃけ、どこかで誰かが俺と同じ事を叫んでいたって別に気にするこっちゃないと思う*1


そんなこと気にしていたら、極端な話、アルファブロガーのブログを常にチェックして、アルファクリッパーがブクマするエントリ全てに目を通し、現在流行している話題と過去に流行した話題を欠かさず把握している人でないと、ブログを書くことができない時代が来るかもしれない。とっても怖い。


もちろん転載だって気にしない。"転載"という行為にかかる制限は、「転載元を示す」ことだけだと思う。その文章がネット上で公開されているかぎり、それを転載しようがなにしようが個人の自由だ。執筆者ができるのは、「転載はやめてください」という"お願い"だけ。


転載元を示しておきさえすれば、その文章の執筆者に対するリスペクトの念は、結局は執筆者に集まることになる。それで十分じゃないかと思うんだけど。…どうしても気になるなら、転載先のエントリを自分のブログの出張所か大使館だとでも思っておけば。


で、この話題って、"何で、ネタ元じゃなくてネタ紹介エントリにアクセスが集中すんねん。"のあたりとも関係あるのだろうか? あ、「ネタ元」にはpermalinkがないので、「紹介エントリ」の方を紹介させていただくけども。


うわ、今の俺、なんか嫌なキャラだ。

*1:それを気にしている俺がヘタレているだけのことで