読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WINDBIRD

ライトノベルネタブログ

エロゲーは嗜む程度に

http://d.hatena.ne.jp/kishiwadungeon/20060319#p1

=ならコストパフォーマンスの良い方を選びます。私は≠だからこそそれぞれのメディアでもって体験します。例えば「機動警察パトレイバー」は、漫画を全巻読破しましたし、レンタルされている分のアニメは全部観ましたし、PS と SFC で発売されたゲームもプレイしました。

機動警察パトレイバー』は漫画しか持ってませんが、個人的にはいままで読んだ漫画の中で三本の指に入ります。ロボット物としてなら、アニメ・ラノベその他を通してもトップだと思ってます。



リアリティを表現するなら実写が一番です。リアリティだけですけどね。


アニメを使えば、リアルでないものも表現できます。音声や音楽などを利用して、視聴者の心をたくみに操る演出をすることができます。また、一瞬で画面いっぱいの映像を読者の目に叩き込むことができます。しかし、表現できるものはあくまで映像と音声に限られます。


小説なら、映像でも音声でも表現できないものも描写できます。映像ならどんなに頑張っても間接的にしか表現できない「感情」も、小説ならただ「嬉しかった」と書くだけで、直接フリーキックでゴールです。しかし、小説が読者の心に送り込めるのは、一瞬につき一文字に限られます。どうあがいても"一瞬のインパクト"ではアニメに勝てません。


エロゲーは(別にノベルゲームでいいけど)、アニメ的な演出力と小説的な描写力の良いとこ取りを目指して作られたんじゃないかと思うんだけど、だとしたら最強じゃないかと思うんだけど、でもどっちつかずになりやすいんじゃないかとも思うんだけど、本当のところどうなんだと思います?



しかし、パトレイバーでエロゲー作っても売れないでしょうね…。
『機動警察パトレイp……いや、なんでもないです。