読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WINDBIRD

ライトノベルネタブログ

おばあちゃんは言っていた。エロゲにエロは必要だって。

ゲーム

http://d.hatena.ne.jp/terasuy/20060411/p3


「エロゲはエロさえ入れればなにをやってもいいんだ」って、ばっちゃも言ってたよ! 純愛系とかのエロゲが、一見するとエロの必要性がないのにエロを入れるのは、つまりエロを"自由"の代償にしているからだってどこかで読んだんですけど。マンガやライトノベルにできないことを平然とやってのけるエロゲにシビれる憧れるって感じ?


でも、いまのエロゲはかなり制限を加えられていると思います。もちろんソフ倫規制というのもありますが、それとは別に。たぶん、いまのエロゲにはユーザーの意向が強く働いている。


ヒロインは処女じゃなきゃだめとか、寝取られはだめとか、陵辱はだめとか、一本道はだめとか、鬱展開はだめとか、修羅場はだめとか、オカマを攻略できないのはだめとか、普通の学園ゲーで鋸を持ち出しちゃだめとか、普通の戦場ゲーでグロ出しちゃだめとか。


エロゲクリエイターとエロゲユーザーは、他のオタクコンテンツと比べても、距離が近い。エロゲメーカーは積極的にユーザーと接触を持とうとしているし、ユーザーもネットを通して意見をどんどん言っている。同人体質というか。エロゲをやるのは当然パソコンを持っている人で、つまりネットをやっている人が多くて、だからネットによるコミュニケーションがとれているんでしょう。


それはそれでいいことなんだけど、ユーザーの発言力が強すぎたり、クリエイターがユーザーを尊重しすぎたりすると、よくないわけです。ユーザーの意見を完璧に取り入れて、ユーザーの思い通りのものが完成した。…それはおもしろいものなのか。ユーザーが求めているのは「予想を超えたもの*1」であって、「予想通りのもの」ではない。これはエロゲ以外でも言えることですけどね。バランスだいじに。


メーカーがユーザーのご機嫌を取らないといけないのはわかります。エロゲ市場はもうこれ以上は拡大しないだろうし(参考→rev:エロゲの販売数 - grevグループ)、それで一般ゲーの方への殴り込みをかけてるわけだけど、この状況でいまのユーザーが離れてったら大打撃なわけです。


だから問題は、自分の思い通りのエロゲじゃないとすぐ地雷認定するユーザーの方だと思うんですよね。エロゲはせっかく自由を手に入れたのに、ユーザーがそれを制限しちゃうのはどうかと思うんだけど。…俺もエロゲコミュニティに属してるわけじゃないしなぁ。実際のところ、どんなもんなんでしょ。


…って話の筋がズレてるなぁ。

*1:≠期待を裏切るもの