読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WINDBIRD

ライトノベルネタブログ

スフィンクスたん

スフィンクスってもいろいろあるけど、ギリシャ神話のスフィンクスです。


スフィンクス - Wikipedia

高い知性を持っており、謎解きやゲームを好む。オイディプスの神話によれば、フェキオン山に住んでいたスフィンクスは、美しい顔と乳房のある胸、ライオンの身体と翼を持っていた。


きっと、ライオン耳とライオンしっぽを装備してて、上半身裸だけど恥ずかしがらず胸張ってて、知的で、クールで、ツンツンで、とてもプライドが高くて、二人称は「貴様」の、背の低い美少女なんですね。


彼女に言い寄る男は数知れないんですけど、難問を出して追い返すわけです。「貴様のような低能がこのスフィンクスを口説こうなど片腹痛い」とかって冷たくあしらうわけですよ。


で、ある日ある時、すげーハンサムな男がやってきて、難問を一発で解いてしまうのです。スフィンクスも一発で惚れ込んでしまいます。


「よく問題が解けたな。人間にしてはなかなか上出来だ。まあ、約束だし、どうしてもと言うなら貴様と結婚してやってもいいぞ!」


ちょっと赤面しつつ言うわけです。
怪物スフィンクス、初めての恋です。


ところがその男、人類史上最大最高のマザコンだったわけです。


……そりゃ自殺もしたくなるわな。


スフィンクスかわいいよスフィンクス。