読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WINDBIRD

ライトノベルネタブログ

ライトノベルレーベル擬人化バトンの帰還

book ライトノベル

結果

電撃:
明るい
奔放的(ドクロちゃん撲殺天使ドクロちゃん
弟(家出歴があるらしい)
B型/ふたご座(1993年6月創刊)
きまぐれ(多彩な表情とでも言うべきか)


富士見F:
電撃の人気に嫉妬
試験秀才(ミリィ@気象精霊記)
兄(過去に未練があるらしい)
O型/さそり座(1988年11月創刊)
お堅い(ま、老舗ですしね・・・)


富士ミス
富士見Fの妹
不思議系(桑畑綾@ROOM No.1301
妹(血は繋がってるらしい)
AB型/さそり座(2000年11月創刊)
眼鏡(ベタですみません)


スニーカー:
良家のお嬢さま
割と苦労人(キョン@涼宮ハルヒの憂鬱
姉(部下(選考委員)を入れ替えて巻き返しを図るらしい)
A型・しし座(1989年8月創刊……だが、当時の記録は不備があったようで、その出生の正確な日付には異説も色々と……)
天然(ガードが甘いから、内臓とか(ry)


ファミ通
目立たない
にぎやか(双葉@吉永さん家のガーゴイル
義理の妹(複雑な家庭事情があるらしい)
A型/しし座(1998年7月創刊)
裏表の差が激しい(当たり外れ、と言ってもいいのかも)


MFJ:
努力家
悩みつつ前に進め!(セドリック@銃姫
向かいの女の子(最近成長したらしい)
O型/しし座(2002年7月25日創刊)
すぐに手が出る(ノベライズとか、新人とか・・・)


SD
新し物好き
頑張りやさん(桜野ヨーコ@銀盤カレイドスコープ
隣の男の子(姉がスケバンらしい)
まだ自分の血液型を知り得ていない・興味がない(笑)/しし座(2000年7月創刊)
背中で語る(金ぴかの帯とか、コゲ茶の背表紙とか・・・)


id:tonboさま、id:giolumさま、id:CAXさま、id:REVさま、id:kim-peaceさまと、錚々たる顔ぶれに参加していただきました。途中で止まっちゃうんじゃないか、なにか問題が起こるんじゃないかと危惧していたので、もう期待以上というか、ひたすら感謝感激です。本当にありがとうございました。


えーとこのバトンの意義をちょっとだけ。


たとえば一人がこういう設定を書き出していっても、それはただ一人のイメージに過ぎません。多くの人を経由することで、普遍化した「イメージ」となるのです。つまりこの結果は、ライトノベル読みたちが各レーベルに対して持っている普遍的なイメージを具現化したものなのです。きっと。


このリストのままじゃイメージが湧きにくいので、若干のアレンジも加えて簡単にまとめさせていただきます。「これはちょっちマズいんでねーの?」というところがありましたら、突っ込みよろしくお願いします。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――

家族構成

角川家
兄:富士見ファンタジア文庫:28歳
姉:スニーカー文庫:27歳
弟:電撃文庫:23歳
義妹:ファミ通文庫:18歳
妹:富士見ミステリー文庫:16歳


向かいの家
娘:MF文庫J:14歳


隣の家
息子:スーパーダッシュ文庫:16歳


(年齢=2006-創刊年+10)

富士見ファンタジア文庫

男。28歳。O型さそり座。生真面目で学業の成績も良く、一流大学を経て大企業に就職。しかし最近は仕事に疲れており、楽しかった学生時代をよく思い出す。弟の電撃文庫の奔放なところに嫉妬し、わずかながらコンプレックスを抱いている。

スニーカー文庫

女。27歳。A型しし座。一見するといかにも育ちのよさそうなお嬢さま。しかしわりと苦労人で、いつも小さい兄妹たちの面倒を見ている。しっかりしているようだが、天然なところあり。

電撃文庫

男。23歳。B型しし座。気分屋で、表情がころころ変わる。その行動は奔放、縛られるのを嫌う。そのため兄や姉とたびたび衝突し、かつて家出したこともある。

ファミ通文庫

女。18歳。A型しし座。義理の妹。学校ではもの静かな風を装っているが、家の中ではにぎやかな性格。

富士見ミステリー文庫

女。16歳。AB型さそり座。眼鏡っ娘で不思議っ娘。見た目は美少女なのに、「電撃の隣に置いてください」や「L・O・V・E!」などと、突拍子もないことを言い出す。

MF文庫J

女。14歳。O型しし座。努力家で負けず嫌い。挑発されると頭に血が上り、すぐに手を出してしまう。思春期特有の悩みをいろいろと抱えつつも、それでも前向きに頑張っている。

スーパーダッシュ文庫

男。16歳。しし座。血液型などという些細な事柄は気にしない。日々、身体を鍛え、スケバンの姉を越えようと励む。思いは口にせず、ただ背中で語るのみ。渋すぎるぜ。その一方で、新しいものに目がないという、ちょっとミーハーなところも。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――


こんな感じでしょうか。


さて。


これらの設定を読んで、この兄妹たちの姿を想像した人はいませんか? ちらっとでもそれを絵にしてみようかと考えた人が、きっといるはずです。絵は描けないけど、ショートストーリーでも書いてみようかな、と考えた人もいると思います。


この企画はまだ完成ではありません。さらに普遍的にして、さらに具現化させなければなりません。これらの設定は、イラストやSSといった"カタチ"にすることで命が吹き込まれるのです。


そういうわけで、イラストを描いてくださる絵師様、SSを書いてくださる職人様を募集しております。


この企画はここで終わりではないはずです。続かせてくださる方、さらに広げてくださる方を、心よりお待ちしております。