読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WINDBIRD

ライトノベルネタブログ

眼鏡っ娘分類

オタク 萌え

昔の文章を改変して再掲載というブロゴスフィア・ゴールデン・パターン。


眼鏡っ娘分類」、というか「眼鏡が持っている属性の分類」です。普通、これらの属性が複数掛け合わされて一人の眼鏡っ娘が誕生します。それと、これはあくまで「眼鏡」単体の属性なので、もちろん「ツンデレ」などの眼鏡とは関係のない属性が付与されることもあります。

「知性」

最もスタンダードな属性。これだけだとガリ勉タイプになるが、「クール」や「無機質」などと併用されることが多い。

「内気」

もう一つのスタンダード。三つ編みお下げでモジモジ。どうでもいいけど、キレたら怖いタイプ。

「クール」

レンズの「冷たさ」「硬さ」を取り込んだ属性。キツめの美人として描かれるか、孤高の一匹狼として描かれるか。前者の場合、「おまえ、眼鏡を外したら可愛いのな」とか言われて「な、なに言ってらっしゃるのあなた!?」とかって照れるシチュエーションがあったりする。でも、俺は後者が好み。

「変人」

要するにマッドサイエンティスト気質。「知性」の奇形バージョンみたいな感じ。

「無機質」

レンズの「無機質」を取り込んだ属性。ロボット系。長門はこれをメインに「知性」を足した感じですね。

「真面目」

要するに委員長。学生時代の一瞬にしか見られないきらめき。真面目で融通がきかなくていつも怒っているんだけど、でもふとした時に頬を赤らめて「一緒に帰ろう」とか言ってくるわけです。
ちなみに俺は、生真面目すぎて融通がきかなすぎるような、具体的には眉毛の太い委員長が好きではありません。

「年上」

保健医とかによくいるタイプ。これに「知性」を足したら女教師になる。あと、「クール」とかとも相性がいい。

「ロリ」

いわゆる「ちんちくりん眼鏡」。眼鏡というのは目を大きく見せる効果があるので、たぶんそれを狙っているんだと思います。目が大きいとロリっぽく見えますから。
あと、この属性はドジっ娘であることも多いのですが、俺はそういうドジっ娘タイプの眼鏡は大嫌いです。

「ネガティブ」

眼鏡なんかかけてると地味で根暗で不細工に思われる、という現実の偏見にさらされているタイプ。「眼鏡を外して大変身!」という致命的なイベントに繋がる可能性を秘めています。恐ろしい。
ちなみに、個人的には「眼鏡を外したら可愛い」というのはアリで、「眼鏡を外して大変身」とかそーいうのはダメだと思います。




黄金比は、
知性:クール:無機質=5:4:1
もしくは、
変人:知性:クール=6:2:2
あたりかな。