WINDBIRD

ライトノベルネタブログ

エロいライトノベルのトップ5!

ネタ元:エロ・ライトノベル - うぱ日記
ウーパーさんは以前もエロ系のエントリを書いてたなぁ…とか思い出しつつ。あちらで紹介された作品とはなるべくダブらないように気をつけながら、独断と偏見に基づくエロ・ライトノベルのトップ5を挙げてみたいと思います。


最初に断っておきますと、ジュブナイルポルノと呼ばれるようなモノホンのエロ・ライトノベルは除外しております。あくまで健全なライトノベルレーベルから出ている作品なので、恥ずかしがり屋のあなたでも書店で堂々と購入していただけます。ご安心ください。


さて、まずはエロ・ライトノベルの三大巨頭とも言える作品を紹介しましょう。俺が勝手に言ってるだけですが。




エロゲ並の描写が繰り広げられる逸品でございます。作者自ら「無理やりな理由でHさせるのが楽しい」と仰る熱の入れよう。基本的には魔法バトル物なのですが、一巻からいきなり本番に突入したかと思うと、それ以降の巻でもとっかえひっかえやりまくり、さらには百合展開まで見せる神っぷりです。ベタベタな展開が好きな方にオススメです。


ROOM NO.1301―おとなりさんはアーティスティック!? (富士見ミステリー文庫)

ROOM NO.1301―おとなりさんはアーティスティック!? (富士見ミステリー文庫)


これはウーパーさんのエントリにも入っている作品ですね。直接的な描写こそないですが、エロの残り香を好む風流な方に全力でオススメいたします。クラスメイトに天才芸術家に実姉と、実に個性的な面々と身体を重ねるけれど、しかし恋人とはセックスをしない主人公のズレた性格が魅力です。ストーリー自体も非常に評価の高いシリーズです。切ない青春ストーリーをお楽しみください。


みなごろしの学園―デビル17〈1〉 (富士見ファンタジア文庫)

みなごろしの学園―デビル17〈1〉 (富士見ファンタジア文庫)

未読。なんかセックス&バイオレンスという感じらしいです。全編通してレイプしまくりだそうです。…と書いておけば、たぶんエロい人が更なる補足エントリを書いてくれるでしょう。



…以上の3作品が、個人的には三大巨頭です。繰り返しますが、俺が勝手に言ってるだけです。『デビル17』に至っては読んですらいないという適当っぷり。


あと2作品紹介しないとエントリタイトルに偽りありなので、サクサクといきたいと思います。



絶望系 閉じられた世界 (電撃文庫 1078)

絶望系 閉じられた世界 (電撃文庫 1078)


中学一年生と毎日子作りに励んだり、全裸のロリが下ネタを言ったり、ナイスバディのお姉さんが卑猥な発言をしたりと、それだけ読むと萌え〜でエロ〜な作品に思われるかもしれませんが、実質エログロに近いというか、精神的エログロというか。知らずに読めば、あの『涼宮ハルヒ』シリーズを書いている作家だとはとても信じられないでしょう。マゾっ気のある方にオススメです。


ソラにウサギがのぼるころ (MF文庫J)

ソラにウサギがのぼるころ (MF文庫J)


実によくエロが表現されている作品です。本番の描写などは薄いものの、純粋なエロさだけで言うなら上で挙げた4作品を凌ぐかもしれません。作者の中二病的な気質もあり、エロスに惑う青少年の痛々しい欲望が見事に描かれています。小難しいことは忘れてエロさに浸りたい方にオススメです。



以上、id:mizunotoriが選んだトップ5でした。
どうぞご利用ください。