読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WINDBIRD

ライトノベルネタブログ

ライトノベル三大奇書ついに決定!

book ライトノベル

煽りなタイトルですね。
とりあえず投票を締め切ってみました。重複投票が可能な仕様とはいえ、合わせて51票の投票をいただきました。ありがとうございました。


ライトノベル三大奇書を選ぶための投票所

作品名票数
絶望系 閉じられた世界11
ミッションスクール6
食前絶後5
激突カンフーファイター4
東京忍者4
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない3
ブライトライツ・ホーリーランド3
ロクメンダイス、2
閉鎖のシステム2
撲殺天使ドクロちゃん2
ひとつ火の粉の雪の中2
血まみれ学園とショートケーキ・プリンセス2
僕と魔女式アポカリプス1
未来放浪ガルディーン1
悪魔の国からこっちに丁稚1
ロボット妹 改め人類皆兄妹! 〜目醒めよ愛の妹力〜1
白人萠乃と世界の危機1
昨晩は眠かったので更新を先送りしたら、ちゃっかりid:giolumさんに先を越されてしまって悔しい思いをしたのですが、気を取り直して三大奇書を決定してみたいと思います。 んでまぁいろいろ考えた結果、この際だから古いものは置いといて、新しめの作品の中だけで決めてみようと思いました。よく知らないものをよく知らないままに評価するのはまずいだろうと。 もちろん、俺が決めるにあたって何か権威があるわけでもないので、「古い作品がいい!」という人や「○○を入れたい!」という人は、それぞれで好き勝手に決めるといいと思います。自分の中で「マイベスト奇書」を3冊決めて、しっかり布教に励みましょう。という日和った提案とともに、私も好き勝手に決めてみたいと思います。 それで、投票をみるかぎりでは『絶望系』は決定的ですね。最大手の電撃文庫から出ているし、さらに『ハルヒ』の作者ということで知名度も抜群。候補作の中でも飛びぬけて多くの人が読んでいると思われます。そういう点がこの大量得票に繋がったのでしょう。もちろん内容的にも文句なしに「奇書」っぽいと思います。けってーい。 そして『ミッションスクール』なんですが、あらすじを読むに「変な作品なんだろうなぁ」という感じがあり、とにかく票が多いしわりと新しい作品だしで、最後まで三大奇書に加えようか迷いました。迷いましたが、でもよく考えてみれば私はこの本を読んでいないので、断腸の思いで外してしまおうと思います。ごめんなさい。 『ロクメンダイス、』についてなんですが、これは入れとかなくちゃダメでしょう。やたらと得票数が低いのが信じられません。地雷というわけでもなく、名作というわけでもなく、まさに「奇書」としかいいようがない作品ではないですか。もう個人的に超プッシュしておきます。読んでない人は読まないとダメです。読め。 今回の投票で気になったのは『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』。内容としてはかなり正統派だと思うんですが、しかしどこか異端な雰囲気も漂わせている……といったあたりに、「奇書」っぽさを感じるのですよ。ただ「変」なだけじゃ奇書って感じがしない。「鬱なライトノベル」の話題が出たときに必ず引き合いに出されるこの作品は、ある意味でライトノベルのひとつの極北に位置するわけで、「奇書」たる資格は十分に持っていると思うのですが、いかがでしょう。 というわけで、『絶望系』『ロクメンダイス、』『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』というラインナップが、かなりバランスが取れているのではないかと思います。妙な統一感があるのではないでしょうか。思い切ってこの三作に決めちゃいましょう。「新・ライトノベル三大奇書」です。

新・ライトノベル三大奇書

絶望系 閉じられた世界 (電撃文庫 1078)

絶望系 閉じられた世界 (電撃文庫 1078)

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない (富士見ミステリー文庫)

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない (富士見ミステリー文庫)

ロクメンダイス、 (富士見ミステリー文庫)

ロクメンダイス、 (富士見ミステリー文庫)


おまけで、もしも「旧・ライトノベル三大奇書」を決めるとすれば、個人的な印象では『東京忍者』『血まみれ学園とショートケーキ・プリンセス』『食前絶後』『激突カンフーファイター』『ブライトライツ・ホーリーランド』あたりを推す声が多かったと思います。どの作品も未読である私には決めかねるので、ライトノベル界に潜む猛者たちに丸投げしておきます。誰か決定してください。よろしくお願いします。