読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WINDBIRD

ライトノベルネタブログ

「わりと」

「わりと」って言葉が好きです。
「とても」ってほどじゃないけど「ちょっと」ってわけでもない。
「わりと多い」というと30%増しくらい(当社比)でしょうか。
中途半端ですよね。
でもその中途半端さが可愛らしい。
たとえばこんな感じのやりとり。


「あの人のこと好きなの?」
「……わりと」


身悶えするほど可愛くないですか。
わずかな強調と、恥じらいと、気の抜けた感じが同居した、
究極的なハーモニーがそこにありますよね。
でも「わりと」ってあんまり使われてない気がします。
「とても」や「ちょっと」などの言葉を使うとき、
意識して「わりと」に置き換えてみるといいと思います。


「とてもすごい」→「わりとすごい」
「ちょっと嫌い」→「わりと嫌い」
「すこしヤバい」→「わりとヤバい」
「それなりにつらい」→「わりとつらい」
「いささか問題があります」→「わりと問題あり」
「めちゃくちゃどうでもいい」→「わりとどうでもいい」


どうぞご利用ください。