読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WINDBIRD

ライトノベルネタブログ

眼鏡っ子が俯きがちな理由

memo

眼鏡っ子は俯きがちに歩いていることが多い。その理由について、非眼鏡っ子の方々は「内気だから」とか「人見知りだから」とか思っていないだろうか? 否、断じて否。そこには歴とした物理的な原因が存在しているのだ。


まずはこちらを見ていただこう。

これは非眼鏡っ子を簡単な図で表したものである。赤い部分が非眼鏡っ子の視界である。非眼鏡っ子は目が良いので、広く遠く見渡すことが出来る。羨ましい限りだ。


次に、こちらの図である。

これは眼鏡っ子を簡単な図で表したものである。赤い部分が眼鏡っ子の視界である。水色の楕円は眼鏡のレンズである。眼鏡っ子の視力は低く、そして視界が狭い。眼鏡のフレームの外側はまったく見えないと言っていい。よって、どうしても足元に「死角」が出来てしまうのだ。


だから、眼鏡っ子の姿勢はこうなる。

俯いてしまうのだ。だって足元が見えないんだもん。しょうがないよね。


…当たり前の話すぎて困る。書く前はもう少し新鮮味のある話になるかと思っていたのに。ちなみに俺の視力は裸眼で0.1以下、眼鏡付きでも0.8くらい。いつも姿勢が悪いと注意されます。いや、実際のところ性格が暗いのとかもあるんでしょうけどね…。