WINDBIRD

ライトノベルネタブログ

膨張するライトノベル市場にラノベブロガーはどう立ち向かうべきか

月に2、30冊ほどを読んでさえいれば、そのときどきの流行や話題作をそれなりに把握することができていた時代も今は昔。ここ数年でラノベレーベルは倍増、刊行点数は爆発的に増え、月々の新刊を把握することさえ大変になりました。


すっかり定着してしまったラノベ原作の漫画やアニメ、いつのまにか増えてきているラノベ雑誌や、他ジャンルに進出したラノベ作家の作品、逆にラノベ化しつつある他ジャンルの作品などなど、ラノベ関連商品は多岐にわたっており、それらをすべてチェックするとなると、普通に金と時間が足りません。積読の山はますます高く聳え立ち、百戦錬磨の古強者でさえ「正直もう限界だ!」「 全然読み切れない!」と悲鳴を上げているといいます。こりゃー大変ですね。


そんな混迷の時代、ラノベブログはどのような作品を選び、どのような記事を書くべきなのでしょうか? …いやまあ好きな作品について好きなことを書けばいいんですけどね。それだと話が終わってしまうので、とりあえずいろいろ考えてみたいと思います。

感想系のラノベブログ

刊行点数が増えると、当然「埋もれた名作」も増えていきます。最近の例で言えば『PSYCHE』なんかが挙げられるでしょう。こちらはエロゲ界隈の方で話題になったものの、ラノベ界隈ではほとんど話題になりませんでした。そういう本が出るということを知らない人も多かったのではないでしょうか(つか俺も知らなかったし)。
俺の妹がこんなに可愛いわけがない』もラノベサイト以外から人気に火が付いていますね。あれは大手ニュースサイトに取り上げられて話題になったわけですが、逆に言えば、『PSYCHE』や『俺妹』のような作品を発掘するラノベサイトこそが、今後は求められてくるのではないかと思います。

PSYCHE (プシュケ) (スクウェア・エニックス・ノベルズ)

PSYCHE (プシュケ) (スクウェア・エニックス・ノベルズ)

ニュース系のラノベブログ

なんとなく3つに分類してみると、

  • (特定分野の)全ての話題を取り上げる網羅型ニュースサイト
  • マニアは知っているが素人には知られていないような話題を取り上げる紹介型ニュースサイト
  • マニアでも知らないことを取り上げる発掘型ニュースサイト

気が向いたらのライトノベル週報ライトノベル関連の公式情報を網羅している1、平和の温故知新@はてなはややごった煮だけど2、ってな印象。ライトノベル読者層の裾野がかなり広がっている昨今、特に2のようなブログの需要が高まっているのではないでしょうか。打倒id:kim-peaceさんですよ。
ただ俺としては、(公式情報ではなく)ラノベブログの面白い記事を収集してくれるニュースサイト様を強く求めておりますので、ええと、どなたかよろしくお願いします(んで俺の書いた記事をですね…)。

ネタ系のラノベブログ

ネタ系にとっては厳しい時代になるでしょう。なにせジャンルについて考察するとか、そのジャンルのパロディを書くとかいうのは、おぼろげにでもジャンル全体を把握しているからこそできるもの。カバーしている範囲が狭いと、ネタを考えるのも一苦労だわ、詳しい人から突っ込まれるわで、かなり難易度が上がってしまいます。
今後はレーベル単位・作品単位でのネタが増えるかと思いますが、ネタ不足はしばらく続くでしょう。そんな状況を突破するニューカマーの存在が求められます。そこのラノベサイトを運営しているあなた、大手ラノベサイトが揃って冬コミに出陣している今がチャンスですよ! 下克上! 下克上!

まとめ

感想系→隠れた名作の発掘を
ニュース系→ラノベ初心者をターゲットに
ネタ系→新鮮味のあるネタで下克上


と、特に面白みのない結論で終わっておきます。