WINDBIRD

ライトノベルネタブログ

「ガンパレとかマブラヴオルタを連想するロボットもの」って何か呼び名が付いてないのかな

平和
@kimpeace
 HJ文庫SAS」の鳥居先生新作がガンパレとかマブラヴオルタを連想するロボットものらしい件。楽しみ。 >http://hobbyjapan.co.jp/hjbunko/bunkoblog/?p=342(2010-03-19 18:11:00) link
mizunotori
@mizunotori
 「ガンパレとかマブラヴオルタを連想するロボットもの」って何か呼び名が付いてないのかな。(2010-03-19 18:13:35) link
という感じで始まった「ガンパレとかマブラヴオルタを連想するロボットもの」に関する雑談です。

定義?

mizunotori
@mizunotori
 1.ロボットあるいはそれに準する機械に乗って戦う 2.謎の生物と戦争している 3.主人公は兵士または軍学校の生徒である ってな感じ?(2010-03-19 18:21:11) link
平和
@kimpeace
 @mizunotori 2と3は同意で、1の扱いが難しい気がします。デバフロとか、個人の能力がメカの代わりみたいなもんですよね(2010-03-19 18:24:47) link
INN
@inn_hatena
 ガンパレ系の作品って、ロボットの有無よりも「学生兵」「地球ヤバい」辺りがキーワードだと思ってる。ディバイデッドフロントとか戦嬢の交響曲とかも個人的には同ジャンル。(2010-03-19 18:21:42) link
REV
@REVI
 異能モノは、一見平和な社会だけど裏では異能同士の対決、というノリだけど、学徒出陣モノは、優勢な怪物と戦う軍組織、という点に差が。優勢な怪物、でない場合、内戦モノになったり。(2010-03-19 22:30:02) link
「ロボットあるいはそれに準する機械に乗って戦う」
まあロボットだけでなく多脚戦車やパワードスーツなんかもアリってことで。補足しておくと『ディバイデッド・フロント』にはロボットもパワードスーツも出てこないので賛否両論になっている。


「謎の生物と戦争している」
これがけっこう大事かな、と思う。「謎の生物」は謎すぎて人類とコミュニケーションが取れない。どこから来たのか、なぜ人間と戦うのか、そもそも生物なのかさえ分からないというところに、人類は恐怖する。あと、ロボット物でよくある「悪の怪獣一匹vs正義のロボット一体」というタイマン形式ではなくて、謎の生物は大群/大軍で押し寄せてくるし、こちらのロボットもまた量産されている、だから「戦争」。


「主人公は兵士または軍学校の生徒である」
やっぱり少年少女だよな、学生だよな、青春だよな、という感じ。

平和
@kimpeace
 人型に拘らない場合、ハシレウテ、シックスボルト、EGコンバットあたりも追加に。アンゲルゼは未読。ストパンが入るような入らないよーな RTガンパレとかマブラヴオルタを連想するロボットもの」って何か呼び名が付いてないのかな。 (via @mizunotori)(2010-03-19 18:17:23) link
mizunotori
@mizunotori
 @kimpeace あとバシレウスとかALL YOU NEED IS KILLとか。デバフロがぎりぎりのライン?(2010-03-19 18:19:07) link
海老庵
@evian
 @mizunotori それこそアルテミス・スコードロンを忘れないでやってください…(2010-03-19 18:27:35) link
疾走れ、撃て 4 (MF文庫J)

疾走れ、撃て 4 (MF文庫J)

現在4巻まで。以下続刊。ダイダラと呼ばれる生物と戦争している中で、学兵として入隊した主人公が、魔法を操るヒロインに見初められて、戦争に踏み込んでいく話。ラブコメとシリアスの配分が見事。


2巻で第一部完(第二部開始の予定は未定)。剛粧と呼ばれる生物に蹂躙された日本で、町を守るために戦う少年少女たちの姿を描いた作品。百合百合。


All You Need Is Kill (集英社スーパーダッシュ文庫)

All You Need Is Kill (集英社スーパーダッシュ文庫)

1巻完結。ギタイと呼ばれる生物が押し寄せる戦場で、パワードスーツを着て、バトルアックスを振り回して、恋をするタイムループ物。


ディバイデッド・フロント〈3〉この空と大地に誓う (角川スニーカー文庫)

ディバイデッド・フロント〈3〉この空と大地に誓う (角川スニーカー文庫)

3巻完結。憑魔と呼ばれる生物に寄生された人間たちが、隔離された戦場に放り込まれて、憑魔たちと戦う話。ロボットは出てこない。


春は出会いの季節です アルテミス・スコードロン (ファミ通文庫)

春は出会いの季節です アルテミス・スコードロン (ファミ通文庫)

ひとことで言えば「トップをねらえ!」ということになるのか。ガンパレ+マリみて+スポ根。主人公の精神的な追い詰められ方が見所。2巻はいつになったら出るのか…。


あとから思い出したんだけど、『ナイト・ウォッチ』三部作なんかもわりと近いイメージ。

ぼくらは虚空に夜を視る (徳間デュアル文庫)

ぼくらは虚空に夜を視る (徳間デュアル文庫)


ライトノベルだけでもこれだけ出てくるということは、たとえば「セカイ系」なんかよりよっぽどポピュラーなんじゃないか、と思うのですが、セカイ系には「セカイ系」というキャッチーな呼称がついているのに、こちらの方には呼び名の候補すらない*1のは何故なのでしょうか。

というわけで

覚えやすくて分かりやすい素敵な呼称を募集します。
宛先はどこでもいいや。皆さんのアイディアお待ちしております。

*1:知らないだけかもしれないけど/強いて言えば「ガンパレ系」?