WINDBIRD

ライトノベルネタブログ

最近読んで面白かったWeb小説 Part2

この記事はザ・インタビューズのmizunotoriのインタビュー(91件) - 「注目しているWEB小説があれば教えてください。」 - ザ・インタビューズから転載したものです。

エルサティーナの笛吹姫

エルサティーナの笛吹姫
連載中。
王女でありながら父に疎まれ見放されて暮らしていたヒロインが、ずっと好きだった隣国の王の正室に迎えられることになったものの、その直前でヒロインの唯一の味方だった侍女が実は高貴な血を引くことが判明、侍女はヒロインの代わりに正室となり、ヒロインは第八妃として幽閉に近い扱いを受け、巷間では「悪の王女に虐げられた侍女が王妃となった」と噂されて…という、もうヒロインが可哀想で可哀想で仕方がない話。不幸萌えですね。

編み物BABY

編み物BABY
連載中。
家族に溺愛される童顔ロリな女子高生の話です。ヒロインは何かトラウマ的なものを抱えている様子ですが、とりあえずはゆるい感じのラブコメとして見ていただければ良いかと。ただ、最近になってレイプ未遂事件が発生いたしまして、それがまあ素晴らしいわけですね。純粋培養良い子ちゃんが無残に汚されてしまう負のカタルシスと言いますか。ほら、『ゆるゆり』のアッカリーンですよ。

あい・らぶ・まみぃ!

あい・らぶ・まみぃ!
完結。
これも凄まじいですよ。幼い頃に教師にレイプされてから、そのトラウマから逃れるために男として生活しているヒロインが、女子高に入るために「女装」して、生徒会の仲間たちと百合るという、なんとも歪みまくった話です。ヒロインはレイプされてから時が止まったように、精神年齢が低くて、重度のマザコンで、恋や愛というものを理解できず、生理も迎えておらず、女の子相手に平気でキスをするくせに、舌を入れられた途端にトラウマが蘇って相手を突き飛ばし「おまえなんか嫌いだ」と喚き散らします。トラウマ萌えですね。

リリト

リリト
完結。
これは「小説家になろう」と運営元が同じの「ノクターンノベルズ」という18禁小説サイトに掲載されていまして、つまりは18禁のエロシーン満載のハーレムラブコメです。世界を支配できるほど強大な淫魔の封印を偶然にも解き、その淫魔を使い魔にしてしまった心優しい少年の話なんですが、そんな陵辱エロゲみたいな設定にも関わらず、作品としてはかなりスマートで、伝奇小説としても素晴らしい出来です。欧州の淫魔と騎士団、日本の退魔師と妖怪、主人公の姉や同級生たちの三つ巴で、意外にスケールの大きな話が展開されます。ここで挙げた中では最もプロっぽいと感じました。


Part1はこちら。
http://d.hatena.ne.jp/kazenotori/20110628/1309187676


Part3はこちら。
http://d.hatena.ne.jp/kazenotori/20111202/1322823434