読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WINDBIRD

ライトノベルネタブログ

そろそろ『ニンジャスレイヤー』を紹介したいと思ったので紹介する

最初に申し置きますが、私はあまり熱心なファンとは言えません。既に五十余りあり、現在も増大しつつある『ニンジャスレイヤー』のエピソードの中で、私が読了しているのは今のところ十数話ほど、なかなか古いエピソードを読み返す時間も無く、連載中のエピソードを追っているばかりの状態です。


それでも今回、『ニンジャスレイヤー』を紹介しようと思ったのは、この作品が実際にとても面白いこと、そして先日「再放送」アカウントが開始されたからです。『ニンジャスレイヤー』の紹介をするならこのタイミングが良いだろう、むしろこのタイミングしかないと思いまして、不肖ながらこの全米が震撼する一大ニンジャ活劇について書いてみる次第であります。

どんな話なの?

ニンジャスレイヤーの舞台は未来の日本です。


邪悪な総会屋や強大な財閥が社会を支配し、善良な市民は虐げられ、そしてニンジャが暗躍する、いかにも世紀末的な世界観です。クローンのヤクザ、バイオな相撲取り、身体を機械化し、首筋にケーブルを差してネットに接続、といったサイバーな設定も散見されます。一方で、地下には古代文明の遺跡が眠り、僧侶が武術を研鑽し、ネオンサインは怪しく輝き、闇の格闘トーナメントが開催され、人気アイドルはアンドロイドで、サラリーマンは過労死し、若者は学校に通っています。ひとことで言えば、とても雑多です。


主人公はニンジャスレイヤーですが、ニンジャスレイヤー以外の視点で物語が進むことも多く、群像劇めいた雰囲気があります。各エピソードは独立性が高くオムニバス的であり、また雑多な世界観も相俟って、ある時はジャンプ漫画的バトル、ある時は学園青春物、あるときはハードボイルド、あるときはクライムサスペンス、あるときはカンフー映画、ある時は西部劇と、まったく雰囲気の異なるストーリーが展開されるのです。一粒でいっぱい美味しい。

どこで読めるの?

『ニンジャスレイヤー』はTwitterにて連載されています。
そのアカウントはこちらになります。


NINJASLAYER (NJSLYR) on Twitter


さらに、「再放送」と銘打って古いエピソードを投稿するアカウントが先日開設されました。
それがこちらになります。


NJSLYR SAIHOSO (njslyr_r) on Twitter


これまでまったく『ニンジャスレイヤー』を読んだことがないと言う初心者は、特に @njslyr_r をフォローすれば良いと思います。いまならごく短いエピソードがひとつだけ投稿されているのみです。追いつけます。長大な過去ログのリストを眺めて嫌気が差すことはありません。怖くない。


古いエピソードを個別に読みたい場合はこちらの「エピソード一覧」からどうぞ。
『ニンジャスレイヤー』はどのエピソードから読んでもわりと大丈夫な安心設計です。


エピソード一覧(第1部) - ネオサイタマ電脳IRC空間
エピソード一覧(第2部) - ネオサイタマ電脳IRC空間




『ニンジャスレイヤー』は時系列をシャッフルして連載されている作品のため、ときどき「誰だよこいつ」というキャラが登場します。しかも登場するニンジャはどれも似通った名前なので区別しづらい。そんなときのための副読本、ならぬ副読サイトがこちらになります。


ニンジャスレイヤー @ wiki - ニンジャスレイヤーwiki


分からないことはだいたいWikiに書いてあります。また、エピソード紹介のページにはあらすじが書かれており、そのエピソードのTogetter*1まとめにも飛べるので、古いエピソードを読みたいときには先述の「エピソード一覧」よりも便利です。更新も早い。




『ニンジャスレイヤー』をリアルタイムで実況する用のハッシュタグが存在します。
こちらになります。


http://twitter.com/search/realtime/%23njslyr


また、再放送用の実況タグはこちらになります。


http://twitter.com/search/realtime/%23njslyr7r


実況用タグには、本編の分かりにくい描写に対する解説、伏線の考察、小粋なギャグ、イラストなどが投稿されるため、本編の更新中に横目で実況を眺めるのも乙なものです。しかし、あまりに内輪向きの空間と化しているために、ときに鬱陶しくなることもあるでしょう。注意しましょう。




ブラウザで小説なんてかったるくて読んでられねーよという方におすすめなのが朗読です。
ニコニコ動画にはいくつかの朗読動画が投稿されている模様です。


ニンジャスレイヤー -ニコニコ動画:GINZA


おすすめはスパ帝さんの朗読です。


ニンジャスレイヤー ‐ ニコニコ動画:GINZA


用語解説なんかもテンポ良く挟まれているので、実際に初心者向きかもしれません。

どんなキャラクターが登場するの?

ヤモト・コキ

ニンジャスレイヤー @ wiki - ヤモト・コキ
貧乳な女子高生ニンジャです。折り紙を操り、ミサイルのように飛ばす忍術を使います。この作品における「ニンジャ」とは、「ニンジャの魂が憑依した人間」を指しており、平凡な女子高生だったヤモト・コキも、ニンジャの魂が憑依したことで戦いの場に身を投じることになります。ヤモト・コキの初登場エピソード『ラスト・ガール・スタンディング』は実に学園異能的で、ラノベ読者にも親しみやすいと思います。
ニンジャスレイヤー @ wiki - 「ラスト・ガール・スタンディング」

シキベ・タカコ

ニンジャスレイヤー @ wiki - シキベ・タカコ
ニンジャではありませんが眼鏡っ娘です。もっさりした外見に黒縁眼鏡、気の抜けた口調、胸は標準的。彼女について語るにはネタバレが怖すぎるのでエピソード『リブート、レイヴン』を読みましょう。「ニンジャ」が出てくることを除けば良質の探偵小説なので、分からないところは後から理解するつもりで飛ばして読めばいいと思います。たぶん。
ニンジャスレイヤー @ wiki - 「リブート、レイヴン」

アズール

ニンジャスレイヤー @ wiki - アズール
14歳美少女ニンジャです。無口無表情。犯罪者一味に連れ回されてストックホルム症候群的に協力するようになるらしいけど、いまんとこ出番が少なすぎて詳しくは分かりません。

エーリアス

黒髪ショートボブで泣き虫でマフラーな女ニンジャです。なんか重要キャラっぽいし百合っぽいし可愛いです。仮に中身がアレでもそれはそれで。


男はどうでもいいと思ったけどやっぱり何人か。

ニンジャスレイヤー

ニンジャスレイヤー @ wiki - ニンジャスレイヤー
主人公です。

ダークニンジャ

ニンジャスレイヤー @ wiki - ダークニンジャ
主人公のライバルです。

デスドレイン

ニンジャスレイヤー @ wiki - デスドレイン
死刑判決直後に「ニンジャ」化して逃亡。
犯罪者仲間を集めて大暴れします。
個人的にけっこー好き。

実際に読んでみよう!

@njslyr_r に投稿されている『ベイン・オブ・サーペント』から、いくつかのツイートを抜粋してみます。ちなみに『ベイン・オブ・サーペント』のTogetterまとめはこちらです。 「ベイン・オブ・サーペント」 - Togetterまとめ


「マッポー」という謎めいた言葉が出てきていますが、これは「末法」のことです。『ニンジャスレイヤー』は英語で書かれた原作を翻訳しており、その元のニュアンスを活かすためにか、このように独特な用語が駆使されています。


いきなり翻訳者さんのコメントが差し込まれています。何らかのアクシデントが発生したようですが、既に修正されているようなので読者が気にすることはありません。なんか日本語がおかしい? 仕様です。気にすることはありません。


一読しただけではよく分かりませんが、この世界の寿司ネタが「魚の粉末をペースト状にし固めたもの」であることを踏まえれば、やっぱりよく分かりません。まあ、このようなハイセンスな描写をしつつも、そのままシリアスなストーリーを展開するあたりが、『ニンジャスレイヤー』の魅力なのです。


いかにも凶悪な敵を予感させる描写ですが、残念なことに主人公です。ニンジャスレイヤーは復讐に燃えるダークヒーローであり、決して爽やかな正義の味方ではないのです。


黄緑色の装束に異形の両腕…どんなニンジャだよ、という感じですが、この作品に登場する「ニンジャ」というのは、『ジョジョの奇妙な冒険』における「スタンド使い」、『ハンター×ハンター』における「念能力者」のようなものなのです。今後もいろんな術を持った個性的なニンジャが続々と登場します。


いきなりの礼儀正しい挨拶は、『ニンジャスレイヤー』の特徴的な一場面です。どんなに敵対的な関係でも挨拶を欠かすことはできません。挨拶を無視することはとてつもない非礼なのです。あと「蛇なのに亀ってどういうことだよ」と思ったら「噛め」でした。


「バンディット=サンやヒュージシュリケン=サン」というのは既に倒されたニンジャのことでしょう。また、このコッカトリス=サンは手術によって両腕を大蛇に変えた特殊なニンジャのようですね。ニンジャは手術などしなくても特殊な能力を持つのですが、手術によってさらに強大な力を手に入れたということでしょう。


ほとんどのニンジャは死ぬときに「サヨナラ!」と叫んで爆発四散します。爆発するのはニンジャソウルのエネルギーが暴走するかららしいです。


以上、駆け足でしたが『ニンジャスレイヤー』の世界をご理解いただけたでしょうか。

こんな説明じゃわからない!

日本語版の公式サイトはこちらになります。


ネオサイタマ電脳IRC空間


公式のイントロダクションはこちらになります。


Togetter - 「ニンジャスレイヤー「はじめての皆さんへ」」 Togetter - 「ニンジャスレイヤー「はじめての皆さんへ」」


また、素晴らしいニンジャヘッズ*2が濃厚な紹介記事を書いてらっしゃるのでリンクしておきます。


イヤーッ!実際傑作、「ニンジャスレイヤー」!! - ディドルディドル、猫とバイオリン イヤーッ!実際傑作、「ニンジャスレイヤー」!! - ディドルディドル、猫とバイオリン


Twitter連載小説「ニンジャスレイヤー」、今このアトモスフィアがヤバイ | MF2dlog Twitter連載小説「ニンジャスレイヤー」、今このアトモスフィアがヤバイ | MF2dlog


さあ、今日から君もニンジャヘッズ!

*1:Twitterの投稿をまとめるためのウェブサービス

*2:ニンジャスレイヤーのファンのこと