WINDBIRD

ライトノベルネタブログ

「タイバニ」「ゆるゆり」「アイマス」のファンにおすすめするライトノベル『アイドライジング!』

アイドライジング!』とは?

アイドライジング! (電撃文庫)

アイドライジング! (電撃文庫)

アイドライジング。
それはアイドルたちが己の夢と希望を懸けて戦う、新時代の一大エンターテインメント!
各企業の科学技術の枠を集めて作られたバトルドレスをその身に纏い、
美少女たちは華麗にステージを舞う―!


去年デビューした新人作品ながら「このライトノベルがすごい!2012」では第9位と健闘。
このライトノベルがすごい! - Wikipedia


ラノベニュースオンライン主催のライトノベル人気投票「みんなで選ぶ2011年ベストライトノベル」では総合部門で第4位。
「みんなで選ぶベストライトノベル2011」投票結果発表 « ライトノベル総合情報サイト ラノベニュースオンライン


いま、目の肥えたラノベ読みから熱い支持を集めている作品、
それが『アイドライジング!』なのです!

『TIGER & BUNNY』×『アイドライジング!

TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 1 (初回限定版)  [Blu-ray]

TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 1 (初回限定版) [Blu-ray]



『タイバニ』と言えば、ヒーローたちが身にまとうバトルスーツ、そこに印刷されたスポンサーロゴ!
アイドライジング!』にも、企業を背負ったバトルスーツが登場します。


アイドルが身にまとう「バトルドレス」には、それぞれの企業の独自技術を元にした、個性的な「特性」が付与されています。鉄道会社のスーツにはリニアモーターカーの技術を応用した「超加速」の特性があったり。人工島運営会社のスーツには天気予報の技術を生かした「未来予測」の特性があったり。一種の能力バトルになっているんですね。


バトルドレスを身にまとったアイドルたちが繰り広げる華麗な格闘ショーは、テレビで大々的に放送されて、世界中で大人気となっているのです。


『タイバニ』の華やかなヒーローショーに魅せられた貴方なら、『アイドライジング!』もきっと気に入るはず!

『ゆるゆり』×『アイドライジング!



ゆるゆり』と言えば、ゆるーい日常の中にあらわれる、軽妙な百合描写が魅力。
アイドライジング!』にも、女の子たちの百合百合な日常が満載です。


主人公アイザワ・モモはスレンダーな長身の美少女。その性格は、純朴で天真爛漫、そして可愛い女の子が大好き。


そのモモを支える新米プロデューサー、オウダ・サイ。真面目な性格と豊富な知識でモモを助ける姿は、まさに「正妻」の貫禄。


そのモモの好敵手であり親友、ハセガワ・オリン。高慢にも思える性格をしているものの、その実、ちょっと間の抜けたところが可愛い新人アイドル。ツンデレ! ツンデレ!


その他にも、食いしん坊な無表情系女王、セクハラ好きのトップアイドル、堅物の武道家アイドルなど、個性的な美少女が次々に登場して、なんとも桃色な空間を作りあげます。


ゆるゆり』のキャッキャウフフが好きな貴方なら、『アイドライジング!』もきっと気に入るはず!

『THE IDOLM@STER』×『アイドライジング!



アイドルマスター』と言えば、新人アイドルと新人プロデューサーの二人三脚!
アイドライジング!』にも、アイドルとプロデューサーの挫折と成長が描かれています。


主人公アイザワ・モモは、アイドルへの憧れもなく、ほとんど成り行きでアイドル業界に足を踏み入れ、その長身を生かしてさほどの努力もなく勝ってしまう、いわば「上手くいき過ぎたアイドル」だったりします。


一方で、プロデューサーのオウダ・サイは、かつてアイドルに憧れ、アイドルを目指したものの、低身長のためにそれを諦め、アイドルをサポートするプロデューサー業へと転身した人物です。


この対照的な二人がコンビを組み、トップアイドルへの階段を駆け上がっていく。
はたしてモモは、どのような挫折を味わい、いかにして「アイドルを続ける理由」を手に入れるのか?


アイマス』のPとしてゲイツポイントをつぎ込み、あるいはコンプガチャを回しまくっている貴方なら、『アイドライジング!』もきっと気に入るはず!

公式の紹介ページ

第一巻が出たときの紹介ページがこちら。
電撃文庫&電撃文庫MAGAZINE|電撃文庫新作紹介|第17回電撃小説大賞〈金賞〉受賞作 アイドライジング! 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINE|電撃文庫新作紹介|第17回電撃小説大賞〈金賞〉受賞作 アイドライジング!
立ち読みコーナーもあるよ!*1


アイドライジング! (電撃文庫)

アイドライジング! (電撃文庫)

アイドライジング!〈2〉 (電撃文庫)

アイドライジング!〈2〉 (電撃文庫)

アイドライジング!〈3〉 (電撃文庫)

アイドライジング!〈3〉 (電撃文庫)

アイドライジング!〈4〉 (電撃文庫)

アイドライジング!〈4〉 (電撃文庫)

*1:なんか変なプラグインを入れなきゃいけないけど