WINDBIRD

ライトノベルネタブログ

西尾維新を読みはじめるのに『化物語』は最適か?

西尾維新を読みはじめようとする人のための入門編(上) - nanapi社長日記 @kensuu
はじめての西尾維新作品として『化物語』を勧める人は多いけれど、個人的にはあんまりお勧めしたくない。


読者が最初に読む作品というのは、その作者を好きになれるかどうかのリトマス紙だ。「この作品を気に入ったんなら他の作品も大丈夫」と言えるものであるほうがいい。けれど『化物語』ではリトマス紙にならないのだ。『化物語』は明るくカラッとした話だが、『戯言』シリーズは暗くてジメッとした話だ。作風が違いすぎるのである。


もちろん『化物語』が面白くないわけじゃない。西尾作品の中で1・2を争う傑作だと思う。しかし西尾維新は、「ハマる人はハマりまくり、拒絶反応がある人にはとことんだめ」、というほど癖のある作家だ。なればこそ、まずは癖の強い作品を勧めるべきではないのだろうか。


まあ要するに、『きみとぼくの壊れた世界』ほどの作品を、「癖が強いから」というだけで後回しにするのはもったいなさすぎる、ということです。真っ先に読め!


きみとぼくの壊れた世界 (講談社ノベルス)

きみとぼくの壊れた世界 (講談社ノベルス)

不気味で素朴な囲われた世界 (講談社ノベルス)

不気味で素朴な囲われた世界 (講談社ノベルス)