WINDBIRD::ライトノベルブログ

ライトノベルブログ

韓国の「異世界転生もの」「悪役令嬢もの」の解説記事を翻訳して読んでみる

日本のコンテンツ業界を「なろう系」が席巻するにしたがって、中国や韓国のWeb小説事情も漏れ伝わってくるようになりました。それによれば、中国でも韓国でも、細かい差異はありつつ、似たような主人公最強もの、異世界転生もの、ゲーム転生もの、あるいは悪…

ライトノベルの読者年齢を考える

はじめに ライトノベルの読者年齢について語られるとき、近年はしばしば「高齢化した」ということが指摘されます。しかしその多くは「現在のラノベ読者年齢が高い」ことだけをもって「高齢化した」と言っており、10年前あるいは20年前のラノベ読者年齢と比較…

「好きラノ 2021年上期」投票

声優ラジオのウラオモテ 声優ラジオのウラオモテ #04 夕陽とやすみは力になりたい? (電撃文庫)作者:二月 公KADOKAWAAmazon いやめっちゃ良かったな。このシリーズは基本的に「声優の話」と「声優ラジオの話」が分裂してるんですよね。たとえばラジオでトー…

ラノベ定義論スペースのメモ

書き起こしというほどでもない。聴きながら他の参加者の発言をメモしていたものを元に、後から動画を聴き直して自分の発言を補完したもの。詳しくは動画をお聴きください。www.youtube.com 自己紹介(00:03:30〜) 夏鎖 ラノベブログ7年。イキってるラノベ読…

「いいな」と思った最近のライトノベル表紙

ふと思いついたので好きな表紙をだらっと挙げていきます。本当に素人目で見たときの「いいな」なのでデザインの専門的な解説などはありません。作品内容の良し悪しとも関係ありません。前回似たようなことをやったときのはこちら。 https://kazenotori.haten…

終わるレジェンドノベルスの救い方

レジェンドノベルスとは? 2018年10月に講談社が立ち上げたライトノベルレーベルが「レジェンドノベルス」です。いきなり「全部傑作!ハズレなし!」と豪語したり、「ネクストファンタジー」という謎のジャンル名をアピールしたり、講談社本体が「NOVEL DAYS…

「エタる」の語源

はじめに ラノベってエタっても許されるコンテンツでいいな増田のこの記事をきっかけに、「エタる」というスラング自体の発祥とかの話が盛り上がっていたので、ちょっと当時の5chを発掘してみた。最初は増田に投稿するつもりだったが、思ったよりURLが多くな…

ライトノベルの世代分けを考える

世代分けって楽しいですよね。無意味に「第3世代の特徴はこうだ!」などとレッテルを貼ったり、「第1世代の素晴らしさと比べて最近の世代は」「第7世代の面白さを理解できない老害は消えろ」なんてワイキャイと言い争いたいものです。というわけでライトノベ…

「ライト文芸」周辺の用語整理

文学 小説や詩や随筆や戯曲などの総称。 もちろんライトノベルも文学の一種である。業界的には何故か「純文学」の略称にもなっている。 純文学 芸術性に重きを置いた文学のこと。 対義語は、娯楽性に重きを置いた「大衆文学」。芥川賞は純文学の賞。 直木賞…

「好きラノ 2020年下期」投票

『声優ラジオのウラオモテ』二月公 声優ラジオのウラオモテ #03 夕陽とやすみは突き抜けたい? (電撃文庫)作者:二月 公発売日: 2020/11/10メディア: 文庫 一巻・二巻が「プライベートで問題が発生して声優の仕事が阻害される」という「仕事を取り巻く環境」の…

【結果発表】マニアック・ライトノベル・オブ・ザ・イヤー2020

レギュレーション ・2020年内に読んだライトノベルのなかで面白かった10作品に投票してください(発売日や購入日は関係なく「読了日」を基準とします) ・「重複なし」で「10作品」必須です ・「シリーズ名」で投票してください ・ただし「スピンオフ」は別…

2020年ライトノベル個人的ベスト10

1. 帝都異世界レジスタンス 帝都異世界レジスタンス作者:遠藤 浅蜊発売日: 2020/01/23メディア: 単行本人間とともに亜人たちも暮らす架空の大正時代を舞台に、ハーフエルフの貴族令嬢や、オークの軍人、忍者の新聞記者といった個性的な面々が、謎めいた装置…

2020年ライトノベル10大ニュース

9年ぶりの新刊『涼宮ハルヒの直観』発売 sneakerbunko.jp既に発表されていた2作品+書き下ろし1作品が収録された短編集で、長編『驚愕』の続きというわけではありませんでしたが、書き下ろしの『鶴屋さんの挑戦』は作者の趣味が100%反映された良い作品でし…

なろう系異世界ファンタジー超長文タイトル批判

前置き kazenotori.hatenablog.com長文タイトルにはさまざまな種類があります。なろう系の長文タイトルと、ライト文芸の長文タイトルと、AVの長文タイトルと、ビジネス書の長文タイトルは、それぞれ異なる特徴を備えています。それらすべてを勘案したうえで…

最近の「歴史ラノベ」オススメ10選

最近のマイブームとして、スペオペと歴史ものがバチクソに来ているので、歴史ものをオススメする記事を書きます。(スペオペを読みたい人は『無双航路』と『一戸建て』を読みましょう)せっかくなので舞台となる時代順にいきます 項羽と劉邦、あと田中 いわ…

「ライトノベル=漫画を小説にしたもの」論

ライトノベルの特徴は、「小説文化」と「オタク文化」の境界にあって、その両方のカルチャーに食い込んでいるというところにあります。そのためか、ライトノベルはしばしば「漫画を小説にしたもの」と評されることがあるわけですが、これがなかなかセンシテ…

悪役令嬢は「小説家になろう」において如何にして生まれたか?

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…1 (一迅社文庫アイリス)作者:山口 悟発売日: 2015/08/20メディア: 文庫 悪役令嬢とは? 簡単に説明すると、 異世界転生もの/異世界トリップものの一種である 主人公が「乙女ゲームが現実化したよ…

「好きラノ 2020年上期」投票

『楽園ノイズ』杉井光 楽園ノイズ (電撃文庫)作者:杉井 光発売日: 2020/05/09メディア: Kindle版 自作曲を動画サイトにアップするときに女装で釣ってみたら思った以上に再生数が伸びてズルズルと女装をやめられなくなったというなかなか業の深い主人公が、そ…

『日和ちゃんのお願いは絶対』はセカイ系なのか?

5/9に発売される新作『日和ちゃんのお願いは絶対』ですけど、端的に言うと、セカイ系の作品を目指して書きました。セカイ系要素があるとかではなく、セカイ系そのものというか、その王道を。https://t.co/fpid9ccN97— 岬鷺宮/『日和ちゃん~2』『三角の距離…

電子書籍に移行したいラノベ読者のためのBOOK☆WALKER講座

ラノベ読みが使うべき電子書籍サービスといえば?そう、BOOK☆WALKERですね。は? Kindle??? クソAmazonなぞを使おうと言うのかね?ラノベ業界はカドカワ帝国の支配下にあるんだよチミィ。 我々はカドカワ様のもとで楽しい御本を読ませてもらっているんだ…

ライトノベル「完結」年表

最近「2020年はいろんな作品が完結して時代の節目のような年になるかも」的な言説を耳にしまして、確かにいろんな作品の完結が重なるタイミングってあるよなあと思ったので、主だったラノベを「完結年」に合わせて並べてみました。基準としては「テレビアニ…

「好きラノ 2019年下期」投票

lightnovel.jp 継母の連れ子が元カノだった 継母の連れ子が元カノだった3 幼馴染みはやめておけ (角川スニーカー文庫)作者:紙城 境介出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2019/12/01メディア: 文庫【19下ラノベ投票/9784041082645】 漂流英雄 エコー・ザ・クラ…

【結果発表】マニアック・ライトノベル・オブ・ザ・イヤー2019

前回 レギュレーション ・2019年内に投票者が「読了した」ライトノベルのなかで面白かった10作品に投票してください(発売日や購入日は関係なく「読了日」を基準とします) ・「重複なし」で「10作品」必須です ・「シリーズ名」で投票してください ・ただし…

2019年ライトノベル個人的ベスト10

1. 世界の闇と戦う秘密結社が無いから作った(半ギレ) 世界の闇と戦う秘密結社が無いから作った(半ギレ) 1 (オーバーラップ文庫)作者:黒留ハガネ出版社/メーカー: オーバーラップ発売日: 2019/02/22メディア: 文庫弛まぬ研鑽の末に世界最強の超能力者とな…

2010年代のライトノベルを振り返る

はい、というわけで2010年代のライトノベルを振り返る記事です。とりあえず ・後知恵で整理された歴史ですよ ・個人の「史観」が入ってますよ というエクスキューズをしておくのでご了承ください。では一年ずつ見ていきましょう。ちなみに「*1」みたいなやつ…

2019年ライトノベル10大ニュース

京都アニメーション放火事件 『フルメタル・パニック!』『涼宮ハルヒの憂鬱』『氷菓』などラノベ原作のアニメを多くヒットさせ、また自社でもラノベレーベルを立ち上げて出版からアニメ化までを行うというビジネスモデルを成功させていた「京都アニメーショ…

ラノベ天狗 VS アリュージョニスト作者

(たぶん多くの人は全く興味がないと思いますが)おなじみラノベ天狗ことsrpglove氏と、カルト的な人気を誇るWeb小説「幻想再帰のアリュージョニスト」の作者homiya氏の世紀の一戦について、自分なりに論点を整理してみたいと思います。経緯についてはこちら…

星を目指せ!銀河を駆けろ!宇宙を舞台にしたSFラノベ5選!

なんだかんだ言って宇宙を舞台にしたラノベって少ないんですよねってことで直近五年くらいのオススメを五作品ほど挙げることで今後益々の発展を祈念していこうという記事です。 漂流英雄 漂流英雄 エコー・ザ・クラスタ (ダッシュエックス文庫)作者: 森月真…

「小説家になろう」の読者層は「10代20代が過半数」!

「小説家になろう」読者にはオッサンが多い――という噂は、その意外性もあってかよく広まっているのですが(ググってみると「なろう系ラノベの読者層は30代~40代」や「異世界転生ものの読者層は40代の中年男性が殆ど」といったページが引っかかります)、反…

ラノベに対する「もはや一般文芸だ」は褒め言葉なのか?

こちらの記事に対して、 ここまで典型的な「褒めてるつもりの雑語り」を久々に読んだ。 とコメントしたところ、某王女様らしき人に、 と言われたのでぐだぐだと書きます。先に言い訳しておくとそんな明快に解答しているわけではありませんのでご了承ください…