WINDBIRD

ライトノベルネタブログ

将棋ラノベ『りゅうおうのおしごと!』が人気のいまこそ『王手桂香取り!』をオススメする

『りゅうおうのおしごと!』が評判ですね。

作者は『のうりん』の白鳥士郎。タイトルはドラクエの「りゅうおう」を想起させますが、実は将棋の「竜王」のことです。史上最年少の竜王である主人公と、そこに押しかけてきた少女との師弟関係、および彼らを取り巻く将棋界を描いた作品で、この作者らしく綿密な取材に裏打ちされたパロディとシリアスが持ち味です。

先日の「好きなライトノベルを投票しよう!」や「ライトノベルツイッター杯」でもダントツの支持を獲得。さらに、シリーズ最新刊となる第3巻が「大傑作の誕生」「面白すぎて死ぬ」などとラノベクラスタから絶賛を受けており、上半期も終わらぬ時点で、すでに2016年を代表するラノベになることが約束されていると言っていいでしょう。

GA文庫|「りゅうおうのおしごと!」特設ページ

りゅうおうのおしごと! (GA文庫)

りゅうおうのおしごと! (GA文庫)

りゅうおうのおしごと! 2 (GA文庫)

りゅうおうのおしごと! 2 (GA文庫)

りゅうおうのおしごと! 3 (GA文庫)

りゅうおうのおしごと! 3 (GA文庫)


さて、そんな『りゅうおうのおしごと!』に先立つこと一年。ある将棋ラノベ電撃文庫の新人賞を獲得していたことをご存じでしょうか。

それが今回ご紹介する『王手桂香取り!』です。

王手桂香取り! (電撃文庫)

王手桂香取り! (電撃文庫)


主人公の上条あゆむは将棋部に所属する中学生。大好きな将棋に真面目に取り組みつつ、同じ将棋部の大橋桂香先輩に想いを寄せている。そんな彼のまえに、ある日「将棋の駒」たちが美少女の姿をとって現れる。彼女らに指導されながら、あゆむはその才能を伸ばしていく…というあらすじで、言ってしまえばラノベ版『ヒカルの碁』。爽やかな青春物語です。

とはいえ、ツカミから派手なネタをぶちかます『りゅうおうのおしごと!』と比べれば、『王手桂香取り!』はいかにも地味な作品です。特に一巻では、いきなり三人も登場する「駒娘」たちを扱いきれず、せっかくの設定を活かせていない印象がありました。一巻きりで離れてしまった読者も多いと思います。


しかし待ってほしいのです。この作品の真骨頂は第二巻、王将の化身である「女王」が登場してからなのです。彼女こそが真のヒロイン。もう一人の主役なのです。

『王手桂香取り!』の登場人物は、そのほとんどが真面目で、礼儀正しくて、優しい良い子たちで、裏を返せば「癖がない」キャラばかりです。このあたり、癖のある奴らしか登場しない『りゅうおうのおしごと!』とは好対照なのですが。

とにかく、あゆむくんと桂香先輩だけでは優等生的な恋物語に終わりそうなところに、「女王」というスパイスが投入されることで、めちゃくちゃ面白くなっていくわけなんですね。


ところで、将棋用語で「王手飛車取り」と言うと、王と飛車の両方が取れる状態のことを意味しています。
王手 - Wikipedia

それを踏まえると『王手桂香取り!』というタイトル、第一巻だけなら桂香先輩との関係をもじっているだけに見えますが、第三巻まで読むと「あゆむくんと桂香先輩と女王」の三角関係を意味しているのではと思えてくるんですよね。あゆむくんが「女王」と「桂香」を天秤にかけるような状態になる…ということを示唆しているのではないかと。おお、なんと胸躍る展開。


まあ、そこまでいかずに刊行が止まっちゃったんですけどね。

『王手桂香取り!』は、気持ち良いほどの急成長をとげたあゆむくんが、さまざまな出会いを経てプロ入りを決意する…というところで第一部完。いまのところ第二部開始はなさそうです。せっかくこれからあゆむくんの世界が大きく広がっていくところなのに。桂香先輩と良い感じになって、さらに「女王」も可愛らしさを見せてきて、どうなっちゃうのかとワクワクしていたのに。

ちくしょう、俺は第二部が読みたい! 奨励会編が読みたいんだよ!


というわけで、『りゅうおうのおしごと!』がヒットして、将棋ラノベが盛り上がって、そこで『王手桂香取り!』がジワジワとでも売れていけば、第二部開始もワンチャンあるんじゃないかと思って書いたのが、この記事なわけです。

『りゅうおうのおしごと!』で将棋ラノベの面白さに目覚めた皆さん。これを機会に『王手桂香取り!』も読んでみませんか。

いろいろ書いたけど、『王手桂香取り!』は本当に傑作だよ!

王手桂香取り! - 第20回電撃小説大賞受賞作特設サイト

王手桂香取り! (電撃文庫)

王手桂香取り! (電撃文庫)

王手桂香取り! (2) (電撃文庫)

王手桂香取り! (2) (電撃文庫)

王手桂香取り! (3) (電撃文庫)

王手桂香取り! (3) (電撃文庫)


電子書籍版もあるよ!


こちらも置いとくよ!

MA棋してる!(1) (富士見ファンタジア文庫)

MA棋してる!(1) (富士見ファンタジア文庫)