読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WINDBIRD

ライトノベルネタブログ

ネタバレ対策に“護身”を身に付けよう!

護身とは?

http://www14.atwiki.jp/niman/pages/24.html#gosinより

元ネタは『バキ』登場の合気柔術の達人、渋川翁のエピソードから。
(中略)
転じてチャンピオンスレ内では、「早売りを読んだ者によるネタバレを見ないよう、発売日前の数日間だけ該当スレに近づかない事」「雑誌内で自分が読むと嫌になる漫画を読み飛ばす事。」という2つの意味を持つ

ここでは「早売りを読んだ者によるネタバレを見ないよう、発売日前の数日間だけ該当スレに近づかない事」の方を指している。つまりネタバレに対する自己防衛策が“護身”なのである。

護身レベル尺度

護身レベル1…ネタバレに対してほぼ無防備
護身レベル2…「ネタバレするな」と周囲に注意する
護身レベル3…ネタバレがありそうなサイトに近づかない
護身レベル4…ネットを見ない
護身レベル5…ネタバレを認識した瞬間に意識を遮断する
護身レベル6…直感でネタバレを回避する
護身レベル7…ネタバレを読んでも忘却する


たぶんレベル4とレベル5のあいだに溝があって、レベル4までは「ネタバレに近づかない」という消極的な姿勢であるのに対し、レベル5からは「ネタバレに近づいても、それを回避できればいいじゃん?」という積極的な姿勢となっていて…とか考えてみたんだけど、どうだろう。

護身完成するには?

1.週刊少年ジャンプの連載作品から好きな作品を選ぶ(ジャンプを読んでいる必要はない)
2.ジャンプの感想を書いているサイトを読む(羅列型のものが望ましい)
3.最初に選んだ作品のタイトルが出てきた瞬間に目を閉じる
4.別の感想サイトでも1〜3を繰り返す
5.そのうち「ネタバレのオーラ」を感じ取れるようになる
6.山篭りしたり滝に打たれたりしてその感覚を研ぎ澄ませていく
7.護身完成


注:適当に考えた訓練法なので、護身完成できなくても当方は責任を負いません。

まとめ

サイト運営者はネタバレなんて気にしないで書くぞ!
ネタバレ対策は読者の方でよろしく!


という自己弁護。