読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WINDBIRD

ライトノベルネタブログ

激化するラノベ天狗問題 ――そのときわたしたちになにができるのか

ラノベ天狗」を知らない方は、まずは私が以前に書いた記事をお読みください。

読むのが面倒くさい、読んでもよく分からなかった、という方のために簡潔に説明すると、日夜Twitterで「ライトノベルへの批判」と取れるツイートを検索してはRTで晒して殴りつける女子中学生、それが「ラノベ天狗」です。

さて、ラノベ天狗活動がはじまって二年半――皆がラノベ天狗の連続RTにも慣れはじめ、良くも悪くもルーチンワークに組み込まれつつあったある日、事件は起こりました。

ラノベ天狗がガラケーからスマホに買い替えたのです!

「それの何が問題なの?」……私も最初はそう思っていました。それが誤りだったと気付いたとき、すべては手遅れでした。

そう、ラノベ天狗は「Togetterで晒す」ということを覚えてしまったのです!

以下がラノベ天狗のまとめの一覧です。

特にバズったのはこのあたりでしょうか。

ラノベ天狗に目をつけられた中にはプロフィールに謝罪文を掲載してアカウントを非公開にしてしまった者もいるとか。嗚呼、あたら若い命をTwitterに散らすとは……。

Togetterでのラノベ天狗のいやらしいところは、「私は中立で何の意見もありませんよ」「読者の皆さんで判断してくださいね」といった体裁を取っていることです。

たしかに、「これは偏向したまとめだから無効だ!」といった違法捜査的批判、あるいは「こいつらも悪いが晒したヤツも悪い」といった喧嘩両成敗的空気を出されてしまうと嫌ですもんね。

古参ラノベ読みである「ぬんぬん」氏(いま考えると紅魔族っぽい名前ですね)が、この点について果敢にもラノベ天狗を糾弾しましたが、そのまま果てなきTwitter議論の闇へと消えていき、ラノベ天狗へのダメージはほとんどありませんでした。うう、惜しい人を亡くした。

この激化するラノベ天狗問題において我々に何ができるのか。

私がお願いするのはたったひとつのことです。

ラノベに関するTogetterまとめを見かけたときは、ブクマするまえに、ツイートするまえに、まずは「まとめの作成者」を見ましょう。

「srpglove」と書かれていたら――「あ、ラノベ天狗だ!」と思ってください。

ただそれだけでいいのです。

頭の片隅に「これはラノベ天狗のまとめなんだ」と置いておくだけで、きっと受け取り方に違いがでてくるでしょう。

もちろん、ラノベ天狗のまとめであることを知ったうえで、ブクマしたりツイートしたりするのは自由です。

よろしくお願いします。

あとついでに出来ればでいいんだけどラノベへの偏見も抑えてね! おもしろいラノベはいっぱいあるよ!