WINDBIRD

ライトノベルネタブログ

「チートが誤用されている」という誤解

現在、誤用だと言われているのは、
「チートとは不正行為のことなのに褒め言葉として使われている」
さらに
「そういった誤用が生まれたのは『なろう』系のせいである」
ということについてである。

はたして、これは誤用なのだろうか。

結論から言えば、私としては「誤用」とは言いがたいと思っている。
それは、あるキャラの圧倒的な能力を目の当たりにして「反則だぜ…」と呟いたりするのと同じ。
すなわち「チートみたいな強さ」「反則みたいな強さ」といった比喩的な表現にすぎないからだ。

「異常なほど」「ズルいくらい」「化物じみて」「悪魔のよう」「鬼のごとく」…

ネガティブな言葉をあえて褒め言葉として使う用例はたくさんある。
ことさら「チート」だけを糾弾する理由が思いつかない。

と、話としてはここでほぼ終わりなのだが、おまけとして「(比喩としての)チート」という語が広まる過程を追ってみよう。

以下、面倒なので「(比喩としての)チート」という用法のことを「チート比喩」と略す。


まず、「チート」というのは英語の「cheat」のことで、「いかさま」「ごまかし」「ずる」といった意味がある。たとえば「チートシート」とはカンニングペーパー(和製英語)のことだ。

コンピュータゲームにおいては、ゲームを改造したりバグを利用したりした不正行為のことを「チート」と呼んでいる。特にオンラインゲームにおいては、チートが使われると運営や他のプレイヤーにも影響が及ぶため、非常に忌み嫌われている。

そこから転じて、ゲーム内で飛び抜けて強いキャラやアイテムなどが、「チートキャラ」「チート性能」などと形容されるようになる。

もうこの時点で「チート(みたいな)キャラ」「チート(みたいな)性能」というチート比喩じゃん、って思うよね。

ちなみにGoogleに引っかかりはじめるのは2007年ごろから。

2007年6月19日。

ビオラ(前半で飛ばし過ぎて後半で伸び悩む典型例)
弓の使い勝手(操作が上下のみリバース、変更不能)が悪過ぎるのは評価上差し置いておきます・・・こりゃゲームシステムの方に入るだろうしね。
序盤はチートキャラ、中盤は強キャラ、後半で完全に伸び悩む、と「聖剣3のリースの成長過程を過剰にしたらこんな風になるんじゃね?」なキャラw

https://riesz.blog.so-net.ne.jp/2007-06-19-1

2007年10月22日。

実績の難易度としては楽でしたが、特定のイベントをクリアーして敵武将を倒してクリアーというのが基本パターンなので、その繰り返しによるマンネリで投げ出しそうになった事が何回もあったりしましたが、全部の本編ストーリーをクリアーして武将選択の制限が解除されてからは、チート的な強さを持つキャラを使用して一気に進め、何とか実績コンプさせましたw

http://d.hatena.ne.jp/seiba_86/20071022/1193060417

といった感じ。

次に特筆すべきは、2008年ごろから「ハンス・ウルリッヒ・ルーデル」や「シモ・ヘイヘ」の事績が知られるようになったことである。

2008年2月24日。

各界よりコメント
「何だ?このチート属性は!?私もこんなチート人間を見たことが無いぞ!」
ハンス・ウルリッヒ・ルーデル について、オスカー・ワイルド

http://ja.uncyclopedia.info/index.php?title=%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%92%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%AB&oldid=303754

2008年7月14日。

こいつチートだろ、っていう歴史上の人物と何したか書いてけ

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/14(月) 21:59:15.52 ID zWUhfMBaO
いるのかな

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/14(月) 21:59:32.25 ID NrudcwmN0
↓シモヘイヘ

46 名前:JACK ◆JACK/BJa3c [] 投稿日:2008/07/14(月) 22:13:25.80 ID b17t2NE10
>>2がチートMAXでFA?

http://himasoku123.blog61.fc2.com/blog-entry-217.html

2008年8月11日

人類チート列伝 その1

チートとは「いかさま」「ごまかし」「詐欺」「不正行為」などの意味を持つ英単語。
コンピュータゲームで、非公開の機能や非正規の特殊なツールなどをを用いて、パラメータやアイテムなどの状態を不正に操作する行為のこと。
(中略)
という事で、キング・オブ・チートっぽい人のご紹介。

狙撃手 シモ・ヘイヘ

http://kage1340.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/1_1f3c.html

ルーデルやシモ・ヘイヘの話題が「チート」という形容とともに広まったことで、おそらくチート比喩もこのあたりから人口に膾炙していったのではないだろうか。また、この時点で既に「チート」という語がゲームから乖離しつつあったことも強調しておくべきだろう。

ちなみに、ログ速で検索するかぎり、最初期に立てられたチート比喩と思われるスレタイはこのあたりだろうか。

B'zってチート使ってんの? | ログ速@2ちゃんねる(net)(2007年12月21日)
ポケモンで一番チートな道具って | ログ速@2ちゃんねる(net)(2008年4月28日)
米飯に焼肉のタレってチートじゃね? | ログ速@2ちゃんねる(net)(2008年7月6日)
ガンダム世界最強のチートMSは? | ログ速@2ちゃんねる(net)(2008年7月26日)



さて、もう一つ書いておかねばならないのは、なろう系における「チート」についてである。

なろう系(あるいはその元となった二次創作SS)の「チート」には、実は二種類がある。

すなわち、転生チート(神様チート)と知識チート(内政チート)である。

転生チート。

主人公が神から貰った能力(チート)で無双したり原作蹂躙したり恋愛関係を築いたりとご都合主義的内容が多いため(いわゆる俺TUEEEEやニコポやナデポ、二次創作小説であればメアリー・スーなど)人によって好き嫌いが大きく分かれるジャンル。
(中略)
神様が主人公に能力(特典とも呼ばれる)を与える。(通称「チート」。桁外れに強力だったり、主人公以外の登場人物は誰も持っていない特別な能力だったり)

http://dic.nicovideo.jp/a/%E7%A5%9E%E6%A7%98%E8%BB%A2%E7%94%9F

つまり、転生チートとは「単純に強い能力」というだけではなく、他に誰も持っていないような能力が特別に与えられるから「チート」なのである。

知識チート。

内政チート
トリップや憑依、転生もののSSによく見られる、ファンタジー世界や過去の時代に現代の知識・技術を持ちこみ、主人公の支配下または所在している地域の内政面を向上させる行為を指す。
(中略)
これを用いるとき、主人公はさながらウィキペディアをリアルタイムで見ているように正確に知識を思い出し、なおかつウィキペディアに載っている程度の情報を基にして、本職顔負けの内政手腕を発揮してしまう。

http://dic.nicovideo.jp/a/ss%E7%94%A8%E8%AA%9E%E4%B8%80%E8%A6%A7

こちらも本来であれば存在しないはずの知識を特別に持ち込むから「チート」と呼ばれる。要するにチートシート=カンニングペーパーである。

いずれも「自分だけ特別に能力を高めている≒自分だけズルをしている」という認識があるからこその「チート」なのである。むしろ本来の「チート」の意味に近いとさえ言えるのではなかろうか。

二次創作SSの総本山Arcadiaを検索してみると、こういった二次創作における「チート」表記は2009年ごろから流行りはじめたようである。さらに、「小説家になろう」の作品が大々的に書籍化され、衆目にさらされるようになったのは2011年ごろからとなる。2008年ごろから広まった用法を「なろう」のせいにするのは、さすがにお門違いというものであろう。

ちなみに、「チートの誤用はSAOのせいじゃね?」という声もあるが、SAOの書籍化もやはり2009年、アニメ化は2012年である。SAO内では「ビーター(ベータテスター+チーター)」という語が蔑称として使われており、その意味でもSAOのせいにはできないだろう。


以上から「なろう系のせいで誤用されている」といった認識は誤解であると言いたい。「チートを褒め言葉として使う」のは誤用であるとは思えないし、百歩譲ってそれが誤用だとしても、そういった用法を使いはじめたのはゲーマーたちなのである。

変な八つ当たりはやめよう!