WINDBIRD

ライトノベルネタブログ

凄い面白い最近のファンタジーラノベをオススメする


こんな記事を見かけたんだけど、ひと昔前のラノベで止まってるっぽかったので、ここはひとつ最新のファンタジーラノベを紹介するぜ。

最果てのパラディン

最果てのパラディンI 死者の街の少年 (オーバーラップ文庫)

最果てのパラディンI 死者の街の少年 (オーバーラップ文庫)

人の絶えた廃墟にて骸骨の剣士・ミイラの神官・幽霊の魔法使いに育てられた主人公。やがて廃墟を旅立ち、未知なる冒険へと踏み出していく。歴戦の冒険者たちと共に戦い、伝説に謳われる邪竜を退治し、神々とも交流を持ちながら、次第に名声を高めていく。オールドファッションというと何ですが、80年代90年代あたりのファンタジーが好きだったという人にオススメの作品です。

剣と炎のディアスフェルド

剣と炎のディアスフェルド (電撃文庫)

剣と炎のディアスフェルド (電撃文庫)

ある国の王子として生まれた二人の兄弟。兄は人質として敵国へ赴きそこで英雄と見なされ、弟は即位して周辺諸国を切り従え大王と呼ばれるようになる。こちらはいわゆる指輪物語的なファンタジーよりもさらに神話的なイメージで、ヘラクレスジークフリート、あるいはトロイア戦争アーサー王物語のような、素朴な英雄譚を想起させる作品となっています。

我が驍勇にふるえよ天地

故地を敵国に奪われた剛勇無双の王子がその復讐のため軍を率いて勝利を重ねていく痛快な戦記ファンタジー。個人的にはこれ、水滸伝だと思うんですよね。主人公の旗下に集う、二つ名を持った英雄豪傑の大活躍。主人公の圧倒的な強さ、頼もしさは、身震いがするほどカッコいいです。

緋色の玉座

緋色の玉座 (角川スニーカー文庫)

緋色の玉座 (角川スニーカー文庫)

史上屈指の名将、東ローマ帝国の将軍ベリサリウスを主人公とした歴史ファンタジー。基本的には史実に沿っていますが、適度なアレンジを加えつつ、ちょっとしたファンタジー要素もあり、エンタメとして綺麗にまとまっています。まあ史実でもすげー濃いメンツですからね。

アサシンズプライド

こちらはいわゆる教官もの。大貴族の娘ながら才能がなく「無能才女」と揶揄されるヒロインの家庭教師となる主人公――その実は、本当に才能がなければ殺せと命じられた凄腕の暗殺者。しかし速攻でヒロインに絆された主人公は、彼女を助けるために奮闘することになります。独特な世界設定、スタイリッシュな戦闘、そして美しい少女たちの仲睦まじい様子が魂こめて描かれるバトルファンタジーです。

悪逆騎士団

最盛期を迎える王国の果て、全ての悪徳と暴逆の掃き溜めとなった街で、なお畏怖され唾棄される「悪逆騎士団」、その活躍を描くピカレスク・ファンタジー。最低な連中が最低な連中と殺しあうだけの最高に痛快な作品です。主役コンビがおねショタということもあって漫画の『ヨルムンガンド』を思い出しますね。

叛逆せよ! 英雄、転じて邪神騎士

烙印の紋章』の作者です。前の記事でも紹介しましたが、タイトルの印象ほどコミカルな内容ではない。邪神を奉じて周辺諸国を征服した邪悪な王国を倒したあと、英雄となった主人公がその国を訪れてみれば、そこには迫害され苦しむ人々がいた…というあらすじ。ただ単純に正義と悪が逆転するという話ではないんですよね。「悪だったのは確かだが現状は酷すぎる」「しかし安易に助けてしまって良いのだろうか」という葛藤が描かれていくのです。

いつかの空、君との魔法

いつかの空、君との魔法 (角川スニーカー文庫)

いつかの空、君との魔法 (角川スニーカー文庫)

精霊の力をもとに文明が築かれている現代的な魔法世界、分厚い雲の上から精霊を地上に降ろしてくるための儀式をおこなう少年少女たち、その繊細な恋心が描かれる。箒に乗って踊るように飛び回る描写が美しいジュブナイル・ファンタジーです。


以上、それぞれに毛色の違ったファンタジーを挙げてみました。

知ってのとおり今のライトノベルはファンタジーブーム真っ盛りです。いわゆるなろう系から、魔王勇者もの、壮大な戦記ファンタジーに、昔ながらの冒険ファンタジーまで、それぞれのジャンルのなかでさらに工夫が凝らされ、かつてないほどに様々なファンタジーが溢れています。是非とも自分好みの作品を探してみてください。

こちらも参考にどうぞ。

ラノベのタイトルがあらすじっぽいって本当?

先日、こういうツイートを見かけたわけです。

この漫画のなかではラノベのタイトルが「中身が一発で分かる」と評されているんですが……

え、分かります??? 『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?』ですよ??? 「ネットゲームでは見知らぬ他人と疑似結婚的な関係を築くことができるがゲームの中で可愛い女の子として振る舞っている奴はだいたいネカマである」という前提知識がないと意味わかんないタイトルですし、それを知っていたところでせいぜい「ネカマだと思ったら美少女だったのかな…?」というくらいですよね。明らかに、作品内容を知らせるのではなく、「謎めいた文言で客を引きつける」タイプのタイトルじゃないですか。

ラノベのタイトルって「タイトルがあらすじになってる」「タイトルにオチまで書かれてる」なんてよく言われるんですが、ぜんぜんそんなことはないですよ。『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』ってタイトルだけでは妹が隠れオタクだなんて分からないですし、『僕は友達が少ない』だって部活系ハーレムとは分からないでしょう。『魔法科高校の劣等生』なんか素直に読めば「劣等生」ですよ。どこに「最強のお兄さまが様々な陰謀と対決する学園アクション」なんて書いてあるんですか。

転生したらスライムだった件』然り。
問題児たちが異世界から来るそうですよ?』然り。
勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。』然り。
俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』然り。
下ネタという概念が存在しない退屈な世界』然り。
俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件』然り。

いずれも「物語の前提」「基本的な設定」の説明であって、電子書籍の試し読み部分だけでも分かるような内容にすぎません。
――スライムになってどうやって生きていくんだ?
――勇者になれなくて就職ってどういうことだ?
――下ネタが存在しない世界ってどんな世界だ?
読者の反応としては「なるほどそういう話だったら買おう」ではなく「どういう話か気になるから買おう」になるはずです。

たとえば最近のラノベアニメだったらこんなタイトルがありました。
ナイツ&マジック
異世界食堂
天使の3P!
異世界はスマートフォンとともに。
ようこそ実力至上主義の教室へ
ゲーマーズ!
無責任ギャラクシー☆タイラー
終物語
十二大戦
キノの旅
妹さえいればいい。
はたして内容が一発で分かるようなタイトルばかりでしょうか…? いちばん長い『異世界スマホ』なんか「スマホを使わない」って叩かれてたくらいだしなあ…(原作ではのちのち意味が分かってくるそうですが)。

そういう意味では、むしろタイトル詐欺に気をつけるべきですよね。最近読んで面白かったラノベに『叛逆せよ!英雄、転じて邪神騎士』という作品があったんですが、なんだかコミカルなタイトルに反して、これはシリアスなヒロイックファンタジーなんですよ。邪神を奉じて各国を侵略した邪悪な王国をうち倒したあと、その国土が他国に蹂躙されるのを目の当たりにした「英雄」が、苦悩を抱えたまま立ち上がるというあらすじでして。作者もベテランの方で実に面白く読ませてくれるんです。オススメですよ!(と、宣伝で終わる)

「好きなライトノベルを投票しよう!! 2017年上期」投票

今回は新作重視です!
lightnovel.jp

ドリームハッカー

ドリームハッカーズ コミュ障たちの現実チートピア (電撃文庫)

ドリームハッカーズ コミュ障たちの現実チートピア (電撃文庫)

三大・もっと評価されるべきラノベ作家のひとり、出口きぬごしの最新作。インプラントの補助脳が普及した近未来。リア充グループとつるみながらもその実態はパシリという主人公が、キモオタの親友とともに電脳クラックで復讐を図る、スクールカーストの逆転を描いた痛快な学園青春もの…とはいかないのが出口きぬごし。凶悪すぎてドン引きするしかない展開。登場人物はクズと変態と電波ばかり。でもめちゃくちゃ楽しいぜ。
http://dengekibunko.jp/newreleases/978-4-04-892611-9/
【17上期ラノベ投票/9784048926119】

EXMOD

気弱な主人公とその姉代わりの優秀な幼馴染たち。仲睦まじく過ごしていた三人は、しかし凄惨な鉄道事故に巻き込まれ、両腕を、声を、脚を失ってしまう。壊れた日常。失われた未来。その喪失が、やがて強大なる「異能」を生み、三人を否応なく戦いへと駆り立てていく。思春期の暗黒。恋と性。破壊と暴力。劣等感と罪悪感。日常と非日常。これでこそ学園異能だ。
【17上期ラノベ投票/9784094516784】

剣と炎のディアスフェルド

剣と炎のディアスフェルドII (電撃文庫)

剣と炎のディアスフェルドII (電撃文庫)

一巻で語られた二人の主人公のうちの弟、イアンマッドの王となったレオームの、ディアスフェルド統一が描かれる第二巻。ギリシャ神話や北欧神話の英雄譚、あるいはアーサー王物語などに近い、かなり素朴な物語になっていて、幼い頃のようにワクワクする。レオームの前にはさまざまな王や武将が立ちはだかり、それぞれに恐ろしい異能や魔術をもって彼を苦しめることになるのだ。忠実なる狂犬・フィーリちゃんもかわいい!
http://dengekibunko.jp/title/diazfeld/
【17上期ラノベ投票/9784048926096】

ほま高登山部ダイアリー

ほま高登山部ダイアリー (ガガガ文庫)

ほま高登山部ダイアリー (ガガガ文庫)

かつての経験から「部活」というものに嫌気が差していた主人公が、ヒロインへの片思いをきっかけに登山部に入ることになる。登山部の先輩たちは変人揃いで、いつもふざけているようで、でも新入部員にどうしたら登山を好きになってもらえるかを真剣に考えている。部活に本気で打ち込み、互いに信頼を育んできたことが分かる。だからこそ主人公も、それに応じて考えを変えていく。どこまでも優しい世界なのです。
【17上期ラノベ投票/9784094516456】

ストライクフォール

宇宙時代の人気競技「ストライクフォール」に明け暮れる青少年たちを描く、巨大ロボットでスポーツなSFの第二巻。前巻であらわれた“慣性制御”という新技術によって、ひとつのスポーツのプレイングが根本から覆される。新たな戦術、新たな法則、新たな基準。適応できなければ振り落とされる残酷なまでの変化。ロボットものとしても、スポーツものとしても、SFとしても素晴らしい。まさにこの題材でこそ描ける物語だ。
【17上期ラノベ投票/9784094516647】

アイドル稼業、はじめました!

アイドル稼業、はじめました! (電撃文庫)

アイドル稼業、はじめました! (電撃文庫)

インド由来の謎アイテムにより美少女に変身した主人公が、好きになったあの子を追いかけてアイドルとなり、海千山千の魔物たちが蠢く芸能界で生き抜いていくTSラブコメ。不倫スキャンダルから盛大なバッシングへ、週刊誌の過激な取材に、半グレやら違法賭博やらが絡んで、もう途中からアイドルものじゃなくてサスペンスとかコンゲームの類じゃねえかって感じに芸能界の闇を暴いていくストーリーが最高に面白い。作者は元・映像制作会社の方だそうで、妙なリアリティが…?
http://dengekibunko.jp/newreleases/978-4-04-892823-6/
【17上期ラノベ投票/9784048928236】

ストライキングガール!

ストライキングガール! (カドカワBOOKS)

ストライキングガール! (カドカワBOOKS)

独自の実戦派空手の達人である少女が、お嬢様学校に転校したことで格闘技から離れようとしていたところ、真っ先に出会ったクラスメイトが総合格闘技の選手だった…というわけでズブズブと関わってしまい、結局はジムに入って大会に出場することになるという女子格闘技ストーリー。断じて百合。路上で何でもありならめちゃくちゃ強いけど、総合格闘技だとルールに縛られて実力を発揮できないという主人公の設定もケレン味があって大好き。
【17上期ラノベ投票/9784040721569】

俺と彼女の恋を超能力が邪魔している。

ごく普通のおバカでスケベな主人公が、夜のレンタルビデオ店で出会った不思議な美少女は、実は世間から隔離された学園で育った超能力者だった…という突飛な設定ながら、意外にコメディよりもラブのほうが強めなくらいの青春ラブコメ。夜にしか会えない二人。ヒロインのまえでは精一杯かっこつけて見せる主人公。生まれて初めて出会った同年代の異性にときめくヒロイン。あまりにも初々しい、恋に恋するような二人が、本物の恋心を育んでいくボーイ・ミーツ・ガール。
【17上期ラノベ投票/9784094516692】

緋色の玉座

緋色の玉座 (角川スニーカー文庫)

緋色の玉座 (角川スニーカー文庫)

ラノベなのに」なんて言わせないぜ。「ラノベだからこそ」の本格歴史ファンタジーだ。魔法的な存在もちょこっとあります。ビザンツ帝国の名高き将軍ベリサリウスを主人公として、相棒としてプロコピオス、さらにはユスティニアヌスにテオドラ、好敵手となるはホスローと、実在の人物がそのまま登場人物に収まっている。なにせ史実でもやたら濃い連中なのでそのままでもキャラが立っている上に、史実をうまくアレンジしたストーリーも面白い。
http://sneakerbunko.jp/series/ThePurpleThrone/
【17上期ラノベ投票/9784041056837】

かりゆしブルー・ブルー

もっと評価されるべきというかだいぶ評価されるようになった気がする、カミツキレイニーの最新作。とある出来事から稲荷寿司しか食べられなくなった主人公が、その呪いを祓ってもらうために沖縄の離島までやってきて、高名な霊媒師の弟子となっている少女と出会う。沖縄土着の悪神たちが引き起こす恐ろしくもユーモラスな騒動に、元気いっぱいに立ち向かう少女たちの活躍と、主人公のちょっとビターな青春模様をプラスした、明るく楽しい退魔もの。ゲロんちゅ!
http://sneakerbunko.jp/series/kariyushi-BlueBlue/
【17上期ラノベ投票/9784041056776】


以下は対象期間から外れているから投票できないけどオススメの作品ふたつ。

わたしの魔術コンサルタント

わたしの魔術コンサルタント (電撃文庫)

わたしの魔術コンサルタント (電撃文庫)

電撃文庫電子書籍は一ヶ月遅れなので12月発売の作品は好きラノに間に合わないんですよね…というわけで、魔術が存在する現代日本を舞台に、コンサルタントというか家庭教師をやることになったやさぐれ男とおてんば天才少女のバディもの。女子高生たちがわちゃわちゃやってるのが最高に楽しいです。あと二巻が発売されるってよ! やったね!
http://dengekibunko.jp/newreleases/978-4-04-892572-3/

近すぎる彼らの、十七歳の遠い関係

これもギリギリ去年だったんですね。親戚の少女と同棲することになったところから始まる、キュンキュンくるような三角関係を描いた青春恋愛もの。二巻でキレイに完結してます。
http://fbonline.jp/02sp/02_1605Seventeen/