WINDBIRD

ライトノベルネタブログ

2016年ライトノベル個人的ベスト10

1. この恋と、その未来。

六巻で完結。この作品に関しては、もう本当に「ありがとう」を何度でも言いたい(→ ライトノベル『この恋と、その未来。』の打ち切りについて - WINDBIRD)。叶わぬ恋、望まぬ体、どうしようもなかった苦悩を、しかし年月をかけてなんとか消化して、新しいパートナーとともに未来に向かって歩いていく。読み終わったあとに人生に思いを馳せてしまうような。もちろんエンターテインメントとしても素晴らしい。やはりこれは完結すべき作品でした。本当にありがとうございました。

2. 「青春ブタ野郎」シリーズ

引きこもりの妹との絆を描いた「おるすばん妹」。現在の恋人と難病の少女とのあいだで残酷な選択を迫られる「ゆめみる少女」「ハツコイ少女」。いずれも神がかった出来栄えでした。『この恋』の主人公は年相応の少年ですけど、『青春ブタ野郎』の主人公はちょっと老成ぎみのナイスガイなので、だからこそ飄々としている彼が死に物狂いに行動するところに心が揺さぶられるんですよね。『この恋』とともに、2016年のみならず2010年代を代表する青春ラノベとして並び称されていくでしょう。

3. 七日の喰い神

四巻で完結。カミツキレイニーという作家の覚醒を目の当たりにした気持ちです。人を喰う付喪神「マガツカミ」を、元・祈祷師の男とマガツカミの少女のコンビが退治していく、一種の退魔ものなんですが、架空の日米大戦の直後という時代設定で、今なお戦争の記憶に囚われた怪人たちが策謀を巡らせる伝奇的な魅力もある。そしてなによりヒロインのラティメリアちゃんが可愛すぎるんですよね。「んまぁい!」。

4. SとSの不埒な同盟

二巻で完結。読んだのは今年なので。サディスティックな嗜好を持つ男女二人が、清純な異性に取り入っては騙して虐めて自らの欲望を満たすという、馬鹿馬鹿しくも耽美で背徳的な青春ラブコメ野村美月作品というと「清純なヒロイン」と「変人なライバル」のイメージで、自分は常々「俺は良い子ちゃんなんかに興味はねえ、もっと変態を出してくれ!」と訴え続けていたのですが、その望みがようやく叶いました。個人的には野村美月の最高傑作だと思っています。

5. ヒマワリ:unUtopial World

ヒマワリ:unUtopial World3 (角川スニーカー文庫)

ヒマワリ:unUtopial World3 (角川スニーカー文庫)

ハッタリとケレン味に溢れたいつもの林トモアキのノリながら、その最大の特徴はなんと言っても「主人公が眼鏡っ娘」であること。ズボラで引きこもりで最高にバイオレンスな眼鏡っ娘ですよ。素晴らしいですね。個人的に眼鏡っ子ラノベ・オブ・ザ・イヤーの称号を与えましょう。最新の第三巻でひとまず大きな謎が明かされ、次巻から新展開だそうなので、いまのうちに追いついておくことをオススメします。

6. 絶対ナル孤独者

いまさら紹介するのもはばかられる現代最高の売れっ子作家のひとり川原礫……の『SAO』でも『AW』でもない第三のシリーズ。過去の事件から心を閉ざした主人公。トラウマから生み出される異能力。闇夜に蠢く秘密組織。そして日常との別れ。これですよ。これこそが異能バトルですよ。徐々に明らかになる敵組織も(意外に所帯じみていて)魅力的。一年一冊ののんびりペースでの刊行ですが早く続きを読みたいですね。

7. 剣と炎のディアスフェルド

剣と炎のディアスフェルド (電撃文庫)

剣と炎のディアスフェルド (電撃文庫)

大帝国に侵攻されつつある小国の二人の王子を主役としたエピック・ファンタジー。兄王子は和平の代償として帝国に赴きその各地を漫遊し、弟王子は即位して帝国との対決を決意する。刃を通さぬ身体を持つ男、兄弟を殺すたびに強くなる一族、長い髪に神秘的な力を蓄えるアマゾネス……まさにジークフリートヘラクレスかといった英雄叙事詩を、すっかりベテランの貫禄を身に着けた佐藤ケイが確かな実力で描き出しています。

8. さよなら、サイキック

祝・清野静復活。かの名作『時載りリンネ!』から幾年、ついに刊行された新作です。ひねくれた性格の、しかし熱い心を持った少年。彼のガールフレンドである天真爛漫な魔女。そこに現れる謎めいた美しき発火能力者。児童文学風の『リンネ!』とモダンな異能バトルを独自の感性で組み合わせたような、素敵な青春ストーリーに仕上がっていました。この年末に発売の第二巻をまだ読んでいないので期待も込みではありますが、絶対的に面白いことは間違いありません。

9. 弱キャラ友崎くん

弱キャラ友崎くん Lv.2 (ガガガ文庫)

弱キャラ友崎くん Lv.2 (ガガガ文庫)

ゲームオタクの主人公が、学校一のリア充の指導のもとでリア充のハウツーを学んでいく青春ラブコメです。とはいえ脱オタするわけではなく、むしろ「人生」をゲームとして攻略していこうという、極まったゲーマーたちの物語なんですね。二巻では「リア充を描いたラブコメ」としての側面がより強まり、もはや同レーベルの看板作品『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』のアンチテーゼといっても過言ではなくなりつつあります。これからどう展開していくのか楽しみですね。

10. きみの分解パラドックス

きみの分解パラドックス (富士見L文庫)

きみの分解パラドックス (富士見L文庫)

これは入れるかどうか迷ったんですが……何というか「面白い」よりも「好き」という作品ですね。何でも「分解」してしまうサイコパス気味な少女と、その彼女の幼馴染をやっている少年が、謎の連続殺人事件に巻き込まれていくという、つまりは壊れた少年少女たちによる青春ミステリなのです。他人の苦しみがわからない、嘘をつくのに良心が痛まない、倫理的なブレーキが効かない……まあ、そういうの大好きですよね。


今回は迷いに迷ったあげく、去年のベストに挙げた作品を泣く泣く除外したのですが、このあたりはもう同率同順位みたいなものですから、どれもこれもオススメなんですよ。というわけで選定にあたってリストアップした作品を載せておきますね。

続きを読む

10年前のラノベが好きだったあなたに現在のラノベをオススメする

要するに「昔のラノベと今のラノベで何となく似た要素がある作品を比較して紹介しちゃおう」という記事です。

涼宮ハルヒの憂鬱』 vs 『いでおろーぐ!

涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)

涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)

行動力に溢れたヒロイン、その彼女を補佐する主人公、無愛想でぺったんこな少女、ふわふわした美少女、なんだか胡散臭いイケメンと、彼らが所属するよく分からない部活動、そしてヒロインに秘められた能力は世界の危機にまで直結する。『いでおろーぐ』を一巻だけでも読んでいただければ、きっとあなたは「ハルヒだコレー!」と叫ぶだろう
もちろん、パクリに堕しているわけではない。敢えて言おう。『いでおろーぐ』は「新世代のハルヒ」なのである。

『いでおろーぐ』をひとことで説明すると、学生運動をパロディにしたラブコメである。恋愛至上主義の撲滅を掲げるヒロインと、その思想に賛同する仲間たちが、世のリア充に対してアジったりテロったりするという展開だ。
ハルヒ』の場合、ハルヒの能力が突拍子もない事態を巻き起こすことに面白さがある一方で、その解決に奔走する長門や小泉といったサブキャラばかりが目立って、肝心のハルヒの影が薄くなってしまうことがあった。
しかし『いでおろーぐ』は、「恋愛に反対する二人がどう見ても恋愛している」というおかしみを、しっかりと中心に据えていることで、あくまで二人を主役とした極上のラブコメ空間を保つことに成功しているのである。

破壊的なコメディに叙情的なラブストーリー、それを裏打ちする確かな実力。かつて『ハルヒ』に夢中になった人たちにも、きっと満足していただけると思う。他ならぬ私がその実例である。
(ちなみに『いでおろーぐ』は二巻以降からシリーズとしての体裁が整ってくるので一気に読んだほうが良いと思う)

フルメタル・パニック!』 vs 『エイルン・ラストコード

エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ (MF文庫J)

エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ (MF文庫J)

フルメタ』の魅力といえば、細かなミリタリー描写もさりながら、戦場を知り尽くした優秀な軍人が、平和な日本に置かれるとたちまち非常識なトラブルメイカーになってしまうという、そのギャップの面白さが挙げられるだろう。

対して、かつて放映されていたアニメのキャラクター「エイルン=バザット」が、愛機とする人型ロボットと共に「現実」の世界にやってくる、というのが『エイルン』のあらすじである。アニメの世界からやってきたエイルンが、常識を知らないせいで派手な騒動を巻き起こすのは、まさに『フルメタ』を彷彿とさせる。
一方で、エイルンがやってきた世界は、実は「平和な日本」ではない。謎の怪物の侵略により人類の生存圏が脅かされている日本なのである。「戦場」で捨て駒のように扱われ、戦いに疲弊していた少年少女たちを、ヒーローたるエイルンはむしろ「日常」に引き戻し、鍛え直し、そして新たな希望を与えるのである。
さらに、この「アニメからやってきた」という設定にはもう一つのメリットがある。エイルンがどんなに超つよくて超かっこよくても、「アニメのヒーロー」だからそれは当然なのだという、圧倒的な説得力である。

リアルに寄っている『フルメタ』に対して、『エイルン』はファンタジー色の強い作品だが、新旧のロボットラノベとして読み比べてみてはいかがだろうか。

Dクラッカーズ』 vs 『ヒマワリ』

Dクラッカーズ〈1〉接触‐touch (富士見ファンタジア文庫)

Dクラッカーズ〈1〉接触‐touch (富士見ファンタジア文庫)

ヤンキー×ドラッグ×スタンドバトル、なんていう要素を組み合わせたライトノベルが二つもあっていいのか? いいんです!
というわけで『ヒマワリ』は、引きこもりを極めつつある少女が、薬をキメて超能力バトルを繰り広げていたカラーギャングたちの抗争に巻き込まれ、それらをステゴロでぶちのめすというあらすじ。
まあ、主人公のヒマワリちゃんが可愛くて可愛くてしゃーねーんですね。ジャージ、眼鏡、暴力!

『ヒマワリ』の作者は林トモアキ。実のところデビュー時期はあざの耕平と大して変わらないわけで、いまさら新旧対決というわけでもないが、ケレン味のある作風にコアな人気は共通している気がする。
『Dクラ』と違うのは、『ヒマワリ』はコメディ要素が強いという点だが、そこは林トモアキのこと、一枚めくればエグい設定が詰め込まれており、このあたりは成田良悟などを思い浮かべる人もいるかもしれない。

林トモアキ作品は、複数のシリーズで設定やキャラクターが共通していることも、その特徴のひとつである。『ヒマワリ』を気に入ったなら『おりがみ』『マスラヲ』『レイセン』、あるいは『ミスマルカ興国物語』をどうぞ。

火の国、風の国物語』 vs 『我が驍勇にふるえよ天地』

我が驍勇にふるえよ天地 ~アレクシス帝国興隆記~ (GA文庫)

我が驍勇にふるえよ天地 ~アレクシス帝国興隆記~ (GA文庫)

『火風』と言えば、現在の戦記ファンタジー、あるいは最強主人公ブームのさきがけといっても過言ではない名作である。どんなに周到な策略も、強大な魔法も、ひたすら腕力で押し切るアレスの圧倒的な強さに、かつての我々は唖然とする他なかったのである。

そしていま、怨念と復讐の血溜まりから生まれた新たな「天下無双」がひとり、それが『我が驍勇にふるえよ天地』のレオナートである。腐敗した帝国を舞台に、かつて薄汚い策略により第二の故郷を失った皇子がのし上がっていく様が描かれる。

『火風』はいちおうダブル主人公ながら「赤の悪魔憑き」アレスの強さと脆さをとことんフィーチャーした作品だったが、『我が驍勇』の場合はむしろ「吸血皇子」レオナートのその周囲に目が向けられる。いにしえの騎士物語か、それとも演義小説か、美しき天才軍師、剛弓必中の狩人、抜け目のない傭兵隊長、最強の女戦士……数多の英雄豪傑たちが現れ、ときに戦いながらも、やがてレオナートの幕下へと集っていく。
彼らの活躍が生き生きと描かれるたびに、それを率いるレオナートの強さもまた際立つのである。

『ディバイデッド・フロント』 vs 『東京侵域』

『デバフロ』は、ガンパレマブラヴオルタなどと同じ異種侵略系の作品であり、隔離された戦場に送りこまれて、怪物との死闘を繰り広げる少年たちを描いた往年の傑作である。
『東京侵域』もまた異種侵略の系譜に連なる作品だ。謎の障壁によって外界から隔離され、怪物たちが跋扈して廃墟と化した東京の内側に、少年と少女は大切な人たちを取り返すために侵入せんとするのだ。

一応は主人公たちが学生兵めいた自衛隊員として扱われる『デバフロ』に対し、『東京侵域』の主人公たちは完全なるアウトローである。ただでさえ東京に巣食う怪物たちは会敵すら自殺行為となるほどの凶悪な存在であるのに、加えて犯罪者じみたタチの悪いハンターや、政府機関の戦闘員とも、彼らは戦っていかねばならない。
東京内部のひりつくような緊張感、ひとつの失敗も許されないという危機感、目的のためにすべてを敵に回した主人公たちの決死の「侵域」が描かれるのである。

しかし『デバフロ』は電子書籍でも出てないんだよなー……それもそれで由々しき事態ではなかろうか……。




というわけで、私が言いたいのはですね、実のところどっちの作品が良いとか悪いとかじゃなくて、昔も今も変わらず面白いラノベがたくさん出てますよ、ということなんです。この記事をきっかけに、ラノベを読むのを再開する人が少しでもいたら嬉しいなと思ったりしつつ、大晦日に今年のベスト記事を公開する予定なのでそちらも参考にしてね、と宣伝しておきます。

2016年ライトノベル10大ニュース

何となく気が向いたので選んでみた。

カクヨム開始

鳴り物入りではじまったカドカワ×はてなの小説投稿サイトでしたが、開始直後にろくごまるにの暴露ネタが炸裂するなど、しばしネガティブな話題を振りまきました。最近はようやくコンテスト受賞作の書籍化がはじまったり、トップページのデザインをリニューアルしたりと、徐々に軌道に乗りはじめたのかな…という感じがします。書籍化される作品を眺めてみると、召喚・転生ネタに偏らないよう慎重に選考されているようで、「小説家になろう」とは違った流れを生み出せるかに期待がかかります。

『このすば』&『Reゼロ』のアニメがヒット

上半期は『このすば』、下半期は『Reゼロ』が話題になりました。電撃文庫スニーカー文庫といった既存のラノベレーベルが抱えるWeb小説のアニメ化は『このすば』『Reゼロ』で一区切りとなり、来年からはヒーロー文庫を中心として「Web小説専門レーベル」の作品が続々とアニメ化されてくることになるんですよね。2012年ごろからのこのブームも、いよいよ収穫期に入ったというべきなのか、ブームをアニメにまで拡げられるか正念場ですね。

ゼロの使い魔』復活

ヤマグチノボルが遺したプロットを引き継いで続編が刊行されました。2000年代には『ハルヒ』や『シャナ』と並んでラノベの代表格とされた作品であり、また現在の異世界召喚ブームに強い影響を与えた作品でもあります。いまとなってみれば感慨深いものがありますね。最終巻は来年の2月27日発売です。

松智洋、死去

正直に言いますと、自分は彼の作品をまったく読んでいないのですが、亡くなったあとの各所の反応から、本当に周囲から慕われ、また思った以上に多彩なフィールドで活躍していた人だったんだなあと思わされました。『ゼロ魔』と同じく、遺されたプロットをもとに新作が刊行されるそうです。

ノベルゼロ創刊

いま新しく参入してくるラノベレーベルは大まかに言って、Web小説の書籍化に絞った単行本レーベルと、一般文芸とのあわいを担当するライト文芸レーベル、そしておっさん向け懐古レーベルの三種類があり(TL系は落ち着いたんだろうか?)、まあどれも20〜40代の高年齢者を狙っています。ノベルゼロは敢えて分類するなら「おっさん向け」でしょうが、なかなか独自路線を走っていて、その試みが面白いです。上手くいっているかは分かりませんが。

コバルト休刊・Webマガジンコバルト開始

ザ・スニーカーが休刊してWebに移行したのは2011年でしたが、その五年後にコバルトもまた同じ運命を辿ることになりました。時代の流れを感じます。これで(紙の)ラノベ雑誌は電撃文庫MAGAGINEとドラゴンマガジン、それと小説ウィングスだけになります。電子雑誌の試みもあまり上手くいっていない(GA文庫マガジンが去年末に停止)ように思えますが、小説投稿サイトがその役割を担っていくのでしょうか。

講談社一迅社を完全子会社化

ラノベ業界的には、講談社ラノベ文庫一迅社文庫の合併、ということになります。かつての「角川がメディアファクトリーを買収」ほどのインパクトではありませんが、それなりに衝撃の走ったニュースでした。最近の一迅社文庫は刊行点数を減らしていますが、このままフェードアウトしてしまうのでしょうか。

三木一馬退職・ストレートエッジ設立

電撃文庫の名物編集者ということで、なかなか毀誉褒貶の激しい人物ですが、そんな彼が起業するということで注目が集まりました。会社の宣伝を兼ねてかメディアへの露出も増え、最近はいろんな企画で名前を見かけます。一方、作家の川口士編集エージェント会社の設立を予告しています(一迅社文庫の編集者も絡んでいる?)。作家と編集者とのトラブルが尽きない昨今、エージェントの仲介が解決策にならないだろうかと個人的にも期待しています。

この恋と、その未来。』最終巻発売

最終巻手前にして打ち切りとなったときには、私もみっともなく騒いでしまいましたが、その後に打ち切りが撤回され、無事に(というかなんというか)最終巻が発売されました。本当にファミ通文庫には感謝しかありません。ありがとうございました。

橘ぱん、政治家を目指す

だから僕は、Hができない。』で知られるラノベ作家・橘ぱんが、小池百合子が主催する政治塾への参加を表明して話題になりました。ちなみに、ラノベ作家で政治家と言えば、コバルト文庫にて「鷲田旌刀」のペンネームで活躍した宮崎岳志議員も著名です。


以上です。
他の10大ニュースも紹介。

ブックオフオンラインの10大ニュース。

ラノベニュースオンラインの10大ニュース。

一昨年に気が向いて選んだ10大ニュース(去年は気が向かなかった)。