WINDBIRD

ライトノベルネタブログ

ライトノベルは三階建てにすべき

元ネタ↓
http://d.hatena.ne.jp/wetfootdog/20060711/p1


リンク先で言われていることは、ライトノベルにも応用できるのではないかと思うのです。いまのライトノベルはまさにごった煮状態。ミステリやSFに恋愛にバトル、どこのポルノ小説かというものもあれば、一般文芸でも売れそうなものまであるわけです。それはライトノベルの長所でもありますが、短所でもあります。つまり、「入り口多すぎ」なのです。


そういうわけで、なにも知らない一般人をライトノベルに染める際には、やはり段階を踏まねばならないのです。二階建てだとはてなに負けてるので、とりあえず対抗して三階建てのビルにしてみましょう。


たとえば谷川流作品を例にとってみると、



こんな感じで、三つの段階を踏んでいくわけです。最初はわりと万人受けする『涼宮ハルヒ』シリーズで人を集め、作者が本性を表し始めた『学校を出よう!』で引きずり込み、最期に『絶望系』で染め上げる。『絶望系』を読み終わったあと屋上に出てを揃えてほにゃららする流れです。


その他の例:


三階建てバンザイ!