WINDBIRD

ライトノベルネタブログ

芸術の秋に「萌理賞」「萌やし賞」はいかが?

前置き

秋です。秋といえば芸術の秋。唐突ですが、「萌理賞」「萌やし賞」をご存知でしょうか。簡単に言えば、ウェブ上でおこなわれている創作コンペです。私もわずかながら関わっていることもあり、今回は宣伝も兼ねて大雑把に紹介してみようと。

さらに前置き

萌理賞」「萌やし賞」は人力検索はてなのシステムを利用して開催されています。
人力検索についての解説はヘルプにお任せ。
人力検索はてな
そんなわけで、萌理賞などに参加する場合、とりあえず「はてな」の会員登録をすることをおすすめします。
はてなのトップページはこちら。
http://www.hatena.ne.jp/

萌理賞

テーマは「萌え」。なにはともあれ美少女を登場させなければなりません。また、毎回モチーフも決められています。募集対象は小説とイラスト、最近では音声や動画での参加も可能となりました。小説の場合は400字まで、イラストなどの場合は400kbまでの制限があります。毎月末に定期的に開催。主催者はid:sirouto2さん。鋭い講評が冴え渡ります。まあ、百聞は一見に如かず。過去に開催された萌理賞は以下のようになっています。

萌やし賞

基本的な部分は萌理賞と同じなのですが、わりと「面白さ」を重視する萌理賞よりも、さらに「萌え」に重点が置かれている賞です。評価の基準は「主催者が萌えるかどうか」。そのため、参加者は主催者の提示するヒントからプロファイリングを行い、主催者がどんな作品に萌えるかを推測しなければなりません。第一回の主催者はid:comnnocomさん。

そしてこれからが宣伝になるのですが

その萌やし賞の第二回、すなわち「第二回萌やし賞」がただいま開催中でございます。
主催者はこの私、mizunotoriです。
第二回萌やし賞
条件などはかなり厳しいと思いますが、腕に覚えのある方に参加していただければ嬉しいです。
あ、回答するだけならお金はかかりませんので。
はてなの会員登録が必要なだけです。

もう一つ宣伝

「萌やし賞の方はどうでもいいけど萌理賞には参加したい!」という方。萌理賞は今月末にも開催されると思いますが、そのときにはちゃんと萌え理論Magazineにて告知が出ますので、萌え理論Magazineをブックマークなりお気に入りなりアンテナなりに加えて、定期的にチェックするのをおすすめします。


以上、秋の夜長に「萌理賞」&「萌やし賞」をよろしく!