読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WINDBIRD

ライトノベルネタブログ

オタクの廃止された世界……

2006年のオタク廃止宣言、そして2008年に成立したオタク廃止法により、オタクは伝説の中だけの存在となった。オタクの風俗を伝える書物は全て焼き捨てられ、当時の状況を知るものは皆、口を閉ざしたまま死んでいった。――だが。それでも人々はオタクに憧れ続けた。わずかな書物や口伝からオタクたちの姿を想像し、いつか彼らが再び戻ってくることを願った。


そしていま。


もはや密林と化した西太平洋弓状列島のその奥地に、とある考古学者とその助手が足を踏み入れた……。


「……きょ、教授! 信じられません。……人です! 人間がいますよ!」
「お、おお……リュックサックにポスターの二本差し……! あれはまさしく、古代絵画が伝えるところの秋葉ルック……!」
「まさか生き残っているとは……き、奇蹟です……っ!」
「よ、よし、挨拶してみるぞ!」
「はい、教授!」


「も、萌え〜……」
「…………?」


「きょ、教授? 怪訝な顔で見られてますよ!?」
「馬鹿な!? なぜ挨拶を返してくれない? 彼はオタクではないのか!?」
「信じられません! どうして『萌え〜』に反応しないのでしょう?」
「……もしや、この『ダ・ヴィンチ』の記述が間違っているのでは……?」
「そんな馬鹿なっ! 『ダ・ヴィンチ』は多大なる犠牲の元に秋葉原遺跡から掘り出した、現存する唯一のオタク雑誌ですよっ!? それが間違っているとなると、学会……いや、全世界がひっくり返りますっ!」*1
「しっ、しかし、そうとしか考えられん……」
「ぼくが確かめてきます、教授!」


「あの、あなた。あなたは、いわゆる、その、オタク……ってやつですよね……?」
「ぼ、ぼぼぼぼぼくがオタクぅっ? ばっ馬鹿にするのもいい加減にしたまえよ! ぼぼぼぼくがオタクなわけないだろっ!? まままままったく、失礼しちゃうなぁっ! ……う、うわっ! もうすぐ開店時間だよ! くそ! 買い逃したらおまえらのせいだからなっ!」


「……行ってしまいましたね、教授」
「やはりオタクは絶滅していたということなのか……」

*1:ぶっちゃけダ・ヴィンチがどういう雑誌かも知らないけども