WINDBIRD::ライトノベルブログ

ライトノベルブログ

電子書籍に移行したいラノベ読者のためのBOOK☆WALKER講座

ラノベ読みが使うべき電子書籍サービスといえば?

そう、BOOK☆WALKERですね。

は? Kindle???
クソAmazonなぞを使おうと言うのかね?

ラノベ業界はカドカワ帝国の支配下にあるんだよチミィ。
我々はカドカワ様のもとで楽しい御本を読ませてもらっているんだ。
電子書籍カドカワ様直営のBOOK☆WALKERに決まっているだろう?

というわけでBOOK☆WALKERのさまざまな使い方について解説していきたいと思います。

BOOK☆WALKERから金はもらっていません! ほんとだよ!

iOSアプリからは買うな!

これが最も重要な点です。

BOOK☆WALKERアプリの下部メニューには「ストア」という項目があって、そこから書籍を購入できるのですが、赤線で囲ったところを見ていただければ(字が小さいですが)わかるとおり、アプリ内ストアのほうがちょっと高いんですね。

f:id:kazenotori:20200410152115p:plain

これはApple税というやつで「アプリ内でコンテンツを購入したらその価格の何割かをAppleに支払わねばならない」という決まりがあるんです。しかも「ブラウザで買えば安くなるよ!」と宣伝するのも禁止されているという。なんという独裁政治。

その他にもさまざまな違いがあるらしいです。

iOSアプリのストアとWebストアの違いはなんですか? | BOOK☆WALKER

というわけで電子書籍を買うときはウェブブラウザから購入しましょう。

あ、Androidでは関係ない(はず)です。

著者やレーベルをフォローしろ!

電子書籍は、いちど買ったシリーズの新刊を通知してくれたりするのが便利なんですが、さらに能動的に新刊チェックをするために「著者やレーベルをフォローする」という機能があります。

フォローすると、その著者やレーベルの新刊が発売されたときに「お知らせ」ページで通知してくれるのです(PC版なら「メッセージ」ページ。画面右上のメニューの「お知らせ」ボタンから行ける)。

こんな感じです。

f:id:kazenotori:20200410154302p:plain

ちなみに表紙の右下についている✅ マークは「チェックリストに入れる」ボタンです。購入しようかどうか迷ってる作品とかをリストに入れておく機能です。画面右上のメニューの「Check」というボタンで一覧を見れます。

私は主だったラノベレーベルをすべてフォローしているので、ほとんどお知らせページしか見ていません。ずらっと並んだ新刊をざっと眺めてピンときた作品をどんどんチェックリストに入れていくだけです。お知らせページ上ではあらすじを確認できないのが難点ですが(何とかしろよBOOK☆WALKER)。

ともあれ未入荷も品切れもないのが電子書籍のいいところ。フォロー機能を駆使することで買い漏らしはぐっと減ることでしょう。

さて、そのフォローのやり方ですが、個別の作品ページを下の方にスクロールしていくと、以下のようにボタンが並んでいると思います。

f:id:kazenotori:20200410153759p:plain

これをクリックすることで、その作品の著者、あるいはその作品の属するレーベルをフォローすることができます。

著者やレーベルで絞り込んだときの検索結果画面にも、いちばん下のほうに「フォローする」ボタンが設置してあります。

気軽にどんどんフォローしていきましょう。

予約購入を使え!

お知らせページでは「新刊配信日が決まって予約購入できるようになった」ことも通知してくれます。

f:id:kazenotori:20200410162922j:plain

予約購入とはその名のとおり「発売前の作品を予約しておくと発売日に自動で購入してくれる」機能です。

「シリーズ予約」や「予約」とは何ですか? | BOOK☆WALKER

書籍に対するアクションを簡単にまとめると、

チェック:気になる作品をとりあえずリストに放り込んでおく。
カート:購入を決めた作品を入れておく。カート内の作品をまとめ買いできる。
今すぐ購入:その作品の購入画面へすぐさま飛ぶ。まとめ買いはできない。
予約:発売前の作品に対して行う。発売日になると自動で購入される。

といった感じですね。

後述しますが、予約購入は実質的な割引も受けられてお得です。

フォロー機能を使っていれば、基本的に「予約開始のお知らせ」で新刊チェックを行うことになるので、購入が決まっている作品ならその時点で予約購入しておくとよいでしょう。

コインを貯めろ!

BOOK☆WALKERの独自ポイントみたいなものですね。

コインを貯めると書籍購入のときにお金代わりに使えます。

BOOK☆WALKERコインについて | 電子書籍ストア-BOOK☆WALKER

BOOK WALKERでは「書籍自体の値段が下がるセール」と「コインが普段より多くもらえるキャンペーン」があるので、安く買いたい人はそうしたセール情報に目を光らせておきましょう。

「チェックリストのなかでセール中の作品」とか「チェックリストのなかでコインアップキャンペーン中の作品」とかを見ることができるので、やはり気になる作品はどんどんチェックリストに放り込んでいきましょう。

また予約購入をするとコインが多くもらえます。発売前から人気を推し量れるので出版社にもメリットがあるのでしょう。わざわざセール待つのは面倒くさいよという人は、どんどん予約購入を使っていきましょう(ちなみに私はこのタイプです)。

その他の便利な機能!

まる読み10分

「小説・ライトノベル10分読み放題「まる読み10分」」 | 電子書籍ストア-BOOK☆WALKER

まる読み10分に対応している作品限定ですが一日10分まで全ページを試し読みできます。

何十日間かけて一冊を読破する…みたいなことも出来てしまいますがセコいのでやめましょう。

全文検索

書籍検索結果一覧 | BOOK☆WALKER

BOOK☆WALKERで取り扱っている書籍すべてを全文検索できます。

ちなみに自分が購入した作品に限定して全文検索することもできます。
書籍検索結果一覧 | BOOK☆WALKER

再登場したキャラが誰だったか覚えていないとき、うろ覚えのセリフを探したいときなどに便利ですね。

未購入の書籍も検索できるので「この言葉ってどのくらい使われてるんだろう?」といった用例検索としても使えます。超便利。

ギフト購入

「ギフトとして購入」すると他人に電子書籍をプレゼントすることができます。

ギフトコードをメールで送るだけなので相手の本名や住所を知る必要はありません。

ネット上のプレゼント企画などでも使えるのではないでしょうか。

めがイラスト

めがイラスト | 電子書籍ストア-BOOK☆WALKER

見開きのイラストをデフォルトで拡大して表示してくれる機能です。

リンク先にあるとおり、めがイラストに対応していなければ見開きのイラストは半分に縮小されてしまい、わざわざダブルタップしないと拡大できません。

というわけでラノベではとても嬉しい機能なのですが、残念ながらKADOKAWAのレーベルですら対応してないところがあったりします。

電撃文庫! おまえのことだよ!! はよ対応しろ!!!

本棚機能

Kindleには無いらしいので一応。

BOOK☆WALKERのアプリでは複数の本棚を作って作品を並べられます。

私は基本的に「未読の本」だけを本棚に並べていて、それ以外は「未整理(=どの本棚にも入っていない状態)」にしています。

棚の分類は「直近で読むつもりの本」棚とか「積読」棚とか「マンガ」棚とかですね。

とはいえ、機能としてよくできているかと言うと首を捻ります。

特に不満なのは、最近の大画面化するスマホに対応できず、本棚の上下に広大な隙間ができていることです。ダサすぎる。

他のサービスみたいに背表紙で並べるのもできないし…とにかくアップデートが少ない。古い作りのままやってきて限界を迎えている感じですね。

本棚連携

他店との「本棚連携」機能について | BOOK☆WALKER

他の電子書籍サービスで購入したKADOKAWAの書籍をBOOK☆WALKERでも読めるという機能です。

とはいえ現在のところ「BookLive!」と「ブックパス」にしか対応していません。

いまBookLive!を使っている人ならBOOK☆WALKERへの移行がしやすいということですね。

こういう仕組みがもっと他の電子書籍サービスにも広がると「サービス終了して電子書籍が読めなくなる」みたいな問題も解決するんですけど…。

ラノベ読み放題

角川文庫・ラノベ 読み放題|1万冊以上のライトノベル・角川文庫が月額760円(税抜)から読み放題!電子書籍ならBOOK☆WALKER

私は加入していませんが、古い作品を中心にかなりの数が読めるようです。

人気シリーズについては、1巻だけ読み放題で2巻以降は購入してください、みたいな感じが多いらしいですね。

もちろん無料ではなく月額760円が別にかかります。

マンガ雑誌読み放題

bookwalker.jp

このあいだまでマガジンWALKERという雑誌読み放題サービスがあったのですが、そちらが終わってBOOK☆WALKER内であらためて開始されたものです。

KADOKAWAの「少年エース」や「電撃大王」「週刊ファミ通」といった雑誌だけでなく、他社の「ヤングキングアワーズ」「コミックバンチ」「月刊アクション」「まんがタイムきらら」などもラインナップに入っているのが特徴です。

こちらも月額760円です。

他にマンガ雑誌読み放題サービスと言うと、講談社マンガ雑誌をほぼ全て読める「コミックDAYS」(月額960円)がありますね。個人的には、雑誌のラインナップに限ればBOOK☆WALKERが上、サービスの使いやすさとしてはコミックDAYSが上、という印象ですね(KADOKAWAはそういうところほんとセンスがない)。

まとめ

というわけで、いろいろ文句も言ってますが、私はBOOK☆WALKERというサービスに愛着を持ってますし、ラノベ読者向けの施策をよく打ってくれるのも事実です。

ラノベ読みならBOOK☆WALKER!」ということは間違いないので、みんなもBOOK☆WALKERを使って、そして一緒に文句を言っていきましょう!

BOOK☆WALKERのお問い合わせはこちら! わりと真面目に回答してくれる印象です!

お問い合わせ・リクエスト受付│電子書籍ストア - BOOK☆WALKER