WINDBIRD::ライトノベルブログ

ライトノベルブログ

「好きラノ 2022年下期」投票

lightnovel.jp 紅蓮戦記 紅蓮戦記2【電子特典付き】 (MF文庫J)作者:芝村 裕吏KADOKAWAAmazon【22下ラノベ投票/9784046818355】 死亡遊戯で飯を食う。 死亡遊戯で飯を食う。【電子特典付き】 (MF文庫J)作者:鵜飼 有志KADOKAWAAmazon【22下ラノベ投票/9784046…

2022年ライトノベル個人的ベスト10

1. 『ヘンダーソン氏の福音を』 TRPGプレイヤーが異世界で最強ビルドを目指す 7 ~ヘンダーソン氏の福音を~ (オーバーラップ文庫)作者:SchuldオーバーラップAmazon個人的に今年は「なろう系の評判いい作品をあらためて読んでみよう」キャンペーンを開催して…

2022年ライトノベル10大ニュース

角川歴彦、逮捕 www3.nhk.or.jp ラノベ業界を牛耳るKADOKAWAの会長であり、ライトノベルの歴史にも深く関わる存在であった角川歴彦が、東京オリンピック絡みの贈賄容疑で逮捕されました。出版業界的にもラノベ業界的にも激震が走った事件でしたね。まだ裁判…

第二次ラブコメラノベブームとは何だったのか

はじめに ご存知のとおり、現在のラノベ業界は「ラブコメブーム」真っ盛りです。2000年代に起きたものを「第一次ブーム」とすると、今回は「第二次ブーム」ということになるでしょう。まだまだなろう系の勢いも健在という中で、いかにして「ラブコメブーム」…

『このライトノベルがすごい!』のランキングを変えてほしい

今年も『このライトノベルがすごい!』が発売されました。既存の作品に贈られる「文学賞」的なものが少ないラノベ業界にあって、最も規模が大きく最も注目度が高いイベントといえるでしょう。このライトノベルがすごい! 2023宝島社Amazonんで、毎年思うんで…

ラノベのアニメ化が激増している件

どれくらい増えたのか? まずはライトノベルのアニメ化作品一覧 - Wikipediaをもとに、2010年以降のラノベアニメの年間作品数を数えてみました。「テレビアニメ」しか数えていないので劇場版やOVAは除外です。ちなみに「新作」というのは要するにシリーズ二…

結局「ダークファンタジー」ってよくわからん問題

「ダークファンタジーって知ってる?」 と訊かれたら「なんか暗くて怖くて重くて人がたくさん死んでいくような、漫画で言えば『ベルセルク』とか、ドラマで言えば『ゲーム・オブ・スローンズ』とか、ゲームで言えば『エルデンリング』みたいなファンタジーの…

「好きラノ 2022年上期」投票

ブービージョッキー!! 作者の競馬歴三年、好きな馬はアーモンドアイ、ほーんお手並拝見、くらいの気持ちで読み始めたら、第一章でもうゴリゴリに取材した競馬小説であることが分かって一発でやられてしまった。なんで新人なのにこんなに上手いのかと驚いて検…

中国の「異世界転生もの」の解説記事を翻訳して読んでみる

以前、韓国語でやったやつの中国編です。とりあえず「百度百科」のそれらしい項目をDeepLと百度翻訳で翻訳していこうと思います。韓国編はこちら。 Web小説 网络小说_百度百科 現状 台湾 (中略)台湾のWeb小説は「情色文学(訳注:情色=エロティック)」か…

2022年の2大競馬ラノベ――『ブービージョッキー!!』『12ハロンのチクショー道』

「競馬ラノベ」といえば何を思い浮かべますか? と、いきなり訊かれても、多くの人はなかなか思いつかないんじゃないでしょうか。私も今は亡きノベルゼロの『駿英血統』くらいしか記憶にありません。ラノベ近縁の作品としては『風の向こうへ駆け抜けろ』や『…

【結果発表】マニアック・ライトノベル・オブ・ザ・イヤー2021

レギュレーション ・「2021年内に読んだライトノベル」の中で面白かった10作品に投票してください。発売日や購入日は関係なく「読了日」を基準とします。 ・「重複なし」で「10作品」必須です。 ・「シリーズ名」で投票してください。 ・ただし「スピンオフ…

「好きラノ 2021年下期」投票

『ストライクフォール』長谷敏司 久々の新刊だけどやっぱり素晴らしいっすね。至福。こんなん、フィクションのなかで架空のスポーツを作って、それにおける主流の戦術Aと、そのAを打ち破る破壊的新戦術Bと、そのBすら時代遅れにする革命的新戦術Cを、きっち…

2021年ライトノベル個人的ベスト10

1. 魔王2099 魔王2099 1.電子荒廃都市・新宿 (富士見ファンタジア文庫)作者:紫 大悟KADOKAWAAmazon勇者に倒された不死身の魔王が五百年を経て復活したら科学と魔法が融合した世界になっていた…というサイバーパンク魔王勇者もの。個人的に「上手い」と…

2021年ライトノベル10大ニュース

YouTube「マンガ動画」のノベライズが増加 現在は「漫画エンジェルネコオカ」からの書籍化が多いでしょうか。ネコオカのマンガ動画には、脚本としてラノベ作家が協力していることも多く、単純な「ノベライズ」というよりは「共同企画」のような形になってい…

「クーデレ」はいかにして素直クールをやめて普通にデレるようになったか

「クーデレ」とは何か? 「クーデレ」というオタク用語がある。Wikipedia・ピクシブ百科事典・ニコニコ大百科では、それぞれ以下のように説明されている。 クーデレは、「クール」に「デレデレ」の略から作られた造語で、初見ではクールで近寄りがたいものの…

韓国の「異世界転生もの」「悪役令嬢もの」の解説記事を翻訳して読んでみる

日本のコンテンツ業界を「なろう系」が席巻するにしたがって、中国や韓国のWeb小説事情も漏れ伝わってくるようになりました。それによれば、中国でも韓国でも、細かい差異はありつつ、似たような主人公最強もの、異世界転生もの、ゲーム転生もの、あるいは悪…

ライトノベルの読者年齢を考える

はじめに ライトノベルの読者年齢について語られるとき、近年はしばしば「高齢化した」ということが指摘されます。しかしその多くは「現在のラノベ読者年齢が高い」ことだけをもって「高齢化した」と言っており、10年前あるいは20年前のラノベ読者年齢と比較…

「好きラノ 2021年上期」投票

声優ラジオのウラオモテ 声優ラジオのウラオモテ #04 夕陽とやすみは力になりたい? (電撃文庫)作者:二月 公KADOKAWAAmazon いやめっちゃ良かったな。このシリーズは基本的に「声優の話」と「声優ラジオの話」が分裂してるんですよね。たとえばラジオでトー…

ラノベ定義論スペースのメモ

書き起こしというほどでもない。聴きながら他の参加者の発言をメモしていたものを元に、後から動画を聴き直して自分の発言を補完したもの。詳しくは動画をお聴きください。www.youtube.com 自己紹介(00:03:30〜) 夏鎖 ラノベブログ7年。イキってるラノベ読…

「いいな」と思った最近のライトノベル表紙

ふと思いついたので好きな表紙をだらっと挙げていきます。本当に素人目で見たときの「いいな」なのでデザインの専門的な解説などはありません。作品内容の良し悪しとも関係ありません。前回似たようなことをやったときのはこちら。 https://kazenotori.haten…

終わるレジェンドノベルスの救い方

レジェンドノベルスとは? 2018年10月に講談社が立ち上げたライトノベルレーベルが「レジェンドノベルス」です。いきなり「全部傑作!ハズレなし!」と豪語したり、「ネクストファンタジー」という謎のジャンル名をアピールしたり、講談社本体が「NOVEL DAYS…

「エタる」の語源

はじめに ラノベってエタっても許されるコンテンツでいいな増田のこの記事をきっかけに、「エタる」というスラング自体の発祥とかの話が盛り上がっていたので、ちょっと当時の5chを発掘してみた。最初は増田に投稿するつもりだったが、思ったよりURLが多くな…

ライトノベルの世代分けを考える

世代分けって楽しいですよね。無意味に「第3世代の特徴はこうだ!」などとレッテルを貼ったり、「第1世代の素晴らしさと比べて最近の世代は」「第7世代の面白さを理解できない老害は消えろ」なんてワイキャイと言い争いたいものです。というわけでライトノベ…

「ライト文芸」周辺の用語整理

文学 小説や詩や随筆や戯曲などの総称。もちろんライトノベルも文学の一種である。業界的には何故か「純文学」の略称にもなっている。 純文学 芸術性に重きを置いた文学のこと。対義語は、娯楽性に重きを置いた「大衆文学」。芥川賞は純文学の賞。直木賞は大…

「好きラノ 2020年下期」投票

『声優ラジオのウラオモテ』二月公 声優ラジオのウラオモテ #03 夕陽とやすみは突き抜けたい? (電撃文庫)作者:二月 公発売日: 2020/11/10メディア: 文庫 一巻・二巻が「プライベートで問題が発生して声優の仕事が阻害される」という「仕事を取り巻く環境」の…

【結果発表】マニアック・ライトノベル・オブ・ザ・イヤー2020

レギュレーション ・2020年内に読んだライトノベルのなかで面白かった10作品に投票してください(発売日や購入日は関係なく「読了日」を基準とします) ・「重複なし」で「10作品」必須です ・「シリーズ名」で投票してください ・ただし「スピンオフ」は別…

2020年ライトノベル個人的ベスト10

1. 帝都異世界レジスタンス 帝都異世界レジスタンス作者:遠藤 浅蜊発売日: 2020/01/23メディア: 単行本人間とともに亜人たちも暮らす架空の大正時代を舞台に、ハーフエルフの貴族令嬢や、オークの軍人、忍者の新聞記者といった個性的な面々が、謎めいた装置…

2020年ライトノベル10大ニュース

9年ぶりの新刊『涼宮ハルヒの直観』発売 sneakerbunko.jp既に発表されていた2作品+書き下ろし1作品が収録された短編集で、長編『驚愕』の続きというわけではありませんでしたが、書き下ろしの『鶴屋さんの挑戦』は作者の趣味が100%反映された良い作品でし…

なろう系異世界ファンタジー超長文タイトル批判

前置き kazenotori.hatenablog.com長文タイトルにはさまざまな種類があります。なろう系の長文タイトルと、ライト文芸の長文タイトルと、AVの長文タイトルと、ビジネス書の長文タイトルは、それぞれ異なる特徴を備えています。それらすべてを勘案したうえで…

最近の「歴史ラノベ」オススメ10選

最近のマイブームとして、スペオペと歴史ものがバチクソに来ているので、歴史ものをオススメする記事を書きます。(スペオペを読みたい人は『無双航路』と『一戸建て』を読みましょう)せっかくなので舞台となる時代順にいきます 項羽と劉邦、あと田中 いわ…